一田憲子の「おへそのすきま」取材の舞台裏その1

一田憲子のおへそのすきま
2016.09.05

 

IMG_6257

 

9月になりました。
だんだんと秋の気配が深くなっていきますね。
みなさま、いかがおすごしでしょうか?

「暮らしのおへそ Vol.22」
お手にとっていただけたでしょうか?

さて、今回巻頭に登場いただいた、森本千絵さん。
知る人ぞ知るコミュニケーションディレクターですが、
おへそ読者のみなさんは
ご存知ない方もいらっしゃったかもしれません……。

 

実は、私はずいぶん前から千絵さんのことを存じ上げておりました。
というのも………。

私がジュリーこと沢田研二さんのファンだということは、
このブログの読者の方々はよ〜くわかってくださっていると思うのですが、
森本さんのお父様は、
なんと、かつてジュリーのマネージャーを務めた方だったのです。

昔のジュリーのツアーパンフレットには、
子供の頃の千絵さんが、モデルとして、
一緒に写っていたりします。

(今回千絵さんには、このことはお伝えしませんでした。
 取材の動機がここにあるわけではなかったし……。
 今、この場で初告白です……)

その後、いろいろなメディアで、千絵さんのご活躍を知り、
昨年には、初めてのご著書「アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話」
を読ませていただいて、

わ〜〜、この人に会いたい!!

 

と強く思ったのでありました。

IMG_6259

IMG_6256

 

千絵さんは、
博報堂でアートディレクターとして活躍後に独立。
デザイン事務所「goen」を主宰されています。

一昨年、結婚された千絵さん。
ご自身の結婚式は、「本気で力を入れた」そう。

本にはそのときのことも綴られています。


スケッチブックにビジョンを描き、企画書をつくり、
一緒に物語を紡いでくれるクリエイターとなんども打ち合わせをし、
コミュニケーションをとりながら
アイデアを整理し、発展させ、「結婚式」をつくっていきました。

 

なんという熱量!なんという集中力!

仕事でもプライベートでも、
千絵さんは、「やる」と決めたら、とことん本気なのです。

その「本気」のスイッチの入れ様を
私は千絵さんに教えていただいた気がします。

できるはずないし……。
時間ないし……。
そこまでやらなくてもいいし……。

いろんな理由を見つけて、
できる範囲でやる。

人って生活している中で、新しい何かを始めようとすると
頭の中でそんな計算をしがちです。

でも、「やる」と決めたら
自分のできることをすべて総動員して、徹底的にやる!

 

それが、千絵さんのすごさです。

でも、ご本人はこうもおっしゃるのです。

「デザインするときは、自分をからっぽにして
 とことん『相手の力』を使います」

 

すごい仕事をしている人に会うと、
周りのプロフェッシャルの力を「生かす」姿が
必ずあります。

自分の中にあるものだけじゃ無理。
だから、耳をすませ、相手の中から力を引っ張り出す……。

がむしゃらに、自分を消耗するだけではない
頑張り方が、そこにありました。

 

昨年ひとり娘を出産後は、がらりと「おへそ」が変わったそう。
何がどう変わったか。

ぜひゆっくり読んでみてください。

IMG_6258

 

これは、取材に伺って名刺交換させていただいたときに
いただいたもの。

「goen」=「ご縁」にかけて作ったものだそうです。
 大切な宝物になりました。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ