花生師 岡本典子さん(後編)~~かわいいいけど格好いい、花の魅力を引き出す

”つくる人”を訪ねて
2016.10.25

日常のなにげないシーンを、ほんのり瑞々しく彩ってくれる花々のおはなし、つづきです。

←前編はこちらから

*************************

photo:有賀 傑 text:田中のり子

 

s-蟯。譛ャ蜈ク蟄舌&繧・_MG_0120

 

「日本から友人が訪ねてきてくれて、車で一緒にコッツウォルズ地方を旅したときのこと。無計画な旅行で、飛び込みで宿を探せるかと思ったら、日が暮れてどんどん暗くなってきて。庭先にいたマダムに『この近くに宿はありますか?』と尋ねたら、『何言ってるの? こんな時間はもう受け付けも終わってしまっているわよ。よかったら私の家に泊まりなさい』と、自宅に招き入れてくれたんです」

 

築100年以上経過していると思われるその家は、石の床に暖炉があって、庭先で摘んだ花が室内をさりげなく、それでいてとても豊かに空間を彩っています。マダムは、摘んだばかりのハーブでお茶を入れ、手づくりの焼き菓子でもてなしをしてくれる。

 

「この光景を目の当たりにしたとき『コレ、コレ! 私がやりたいのはコレ!』と、強い確信が生まれたんです」

 

コンペティションなどで「作品」と認められるような花は少し特殊で、どこか私たちの普段の生活とは切り離されている部分もあります。それよりも日々の暮らしの中で、もっともっと自然に寄り添い、一緒に呼吸していくような、花や植物の魅力を伝えていきたい、そう思ったのだとか。

 

s-蟯。譛ャ蜈ク蟄舌&繧・_MG_0083

 

「花屋をしていたときに、よく言っていたのは『誰かのための5000円、1万円のブーケよりも、自分のための500円、1000円の花を日常的に買ってほしい』という言葉でした。暮らしの中に、自分のための1輪の花、1株の植物があることで、どれだけ助けられることか。そしてそれがどんなに豊かなことかを、伝えていきたいと思ったのです」

 

そんな思いを抱えて帰国後、岡本さんは有名生花店に勤務したり、花屋を併設したインテリアショップの立ち上げを経験した後、「Tiny N」を立ち上げ、自分の花の世界を伝える仕事をスタートさせました。現在は子育てや依頼の仕事が忙しく、花屋というかたちは取っていませんが、さまざまな花に関する仕事を通じて、岡本さんの作品も目にする機会が増えてきました。

 

s-蟯。譛ャ蜈ク蟄舌&繧・_MG_0032

 

こちらは岡本さんがひとり暮らしをしていたとき、部屋の壁に貼ったり、よくページをめくって眺めていたというレザーブランド「アンリークイール」のカタログとポスター。

 

「昔からピカピカできらびやかなモダンな世界には、あまり興味がなくて。革のアイテムが石や植物など自然素材となじみながらも、決して貧相には見えない力強さがある雰囲気が、私が目指す世界と通じるものがあるように感じていたんです」

 

s-蟯。譛ャ蜈ク蟄舌&繧・_MG_0045

 

イギリス留学中によく眺めていたのは、デンマークの花の芸術家、ターゲ・アンデルセンの作品集。花だけでなくインテリアや調度品も含めたトータルな世界観を作り上げています。決して華美なだけでない、それでいて格調高く生命力にあふれた花の世界は、アートとして人々の心に強い印象を残します。

「暮らしに花を」。そんな岡本さんのメッセージは、雑誌・書籍・広告・イベント・教室・講演など、さまざまな形をとって伝えられてきました。最近はその一方で、いつか舞台美術や美術展の会場装花など、「夢の空間」を花で彩るような仕事もしていきたいとも思うようになってきたと言います。

「かつてダンスで舞台に上がることが夢だった、少女の頃の思いがムクムクとよみがえってきているのかもしれませんね(笑)。暮らしに添う、ありのままの花の魅力を伝えたい一方で、ある種特殊な空間で、花の力、美しさを最大限に魅せていくことにも興味が出てきたんです」

s-_MG_0084

ふたつの相反する要素が共存するのは、岡本さんの花の魅力。こんな夢の話も、すぐに実現してしまいそうな予感です。今後どんな新しい花の世界を見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。

 

「cimai」のパンはこちらから

陶芸家・岡澤悦子さんはこちらから

革作家・華順さんはこちらから

イラストレーター、テキスタイルデザイナー・安原ちひろさんはこちらから

ジュエリー作家、アーティスト・鈴木仁子さんはこちらから

料理家・藤原奈緒さんはこちらから

スプーン作家・宮薗なつみさんはこちらから

Profile

岡本典子(おかもと・のりこ)

花生師。「Tiny N」主宰。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒業後、イギリスに留学し、花コンペティションにて多数の優勝・入賞を果たし、国家技能資格上級を取得して帰国。ゴトウフローリストに勤務後、アイ・スタイラーズの立ち上げを経て、二子玉川に自店を構える。2015年にアトリエ「Tiny N Abri」を三軒茶屋にオープン。テレビ・雑誌・広告などのフラワースタイリングほか、カルチャースクールの講師、婚礼や展示会、パーティの装花、イベント出店など多方面で活躍中。

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ