一田憲子の「おへそのすきま」 おへそvol23 準備万端です!

一田憲子のおへそのすきま
2016.12.10

IMG_6775

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、ここ1か月、私は「暮らしのおへそvol23」や、
「大人になったら着たい服」のイベントなどで、
今日は大阪、明日は北海道と、
まさに日本中を駆け回っておりました。

そして、「おへそ」の原稿をほぼ書き終わり
やっとひと段落しているところです。

ほっ。

いつも年末は、こうやってドタバタと過ぎ去り
クリスマスのワクワク感も、
紅葉の美しさも
気づかないまま、あっという間に年末になってしまいます。

 

さて、「おへそチーム」では、
今回、本当に充実した取材時間を過ごし
本当に幸せでした。

編集の和田さんは、自分が書く担当じゃないのに、
ほぼすべての撮影に立ち会ってくれ、
3人の娘のお母さんでもある木村愛ちゃんは、
必死に時間のやりくりをして、
鳥取まで日帰りでやってくる、というウルトラ技も!

本を作る上で、
みんなで、同じ体験をする、って
本当に大事なことだと思っています。

編集者は、会社にいて待っているのが仕事という
人もいるけれど、
やっぱり、その場所まで電車や飛行機で行って、道中窓から風景を見て、
その場について、そこにいる人と会って、
一緒にご飯を食べたら、
同じ机の上の編集作業も変わってくると思うのです。

 

IMG_6756

経費が苦しい「おへそチーム」も
なるべく安いツアーを探したり、
スーパーミラクル裏技を編み出したり。
みんながそこまで「行ける」努力をしました。
そのことだけでも、きっとページの温度が1度高くなっていると思います!笑

 

IMG_6752

 

そして、このチームが最近すごくよくなってきたな〜と
感じています。
それは、みんなが互いに駄目出しできるようになったから。

「それ、違うと思う」

と言えるようになった。
そして、指摘を受けたら、考えて
「でも、やっぱりこう思う」
と反論できるようになった。

これって、すごいことだと思います。

実は、私自身が駄目出しされることが大嫌い!
実は、ものすご〜く「気にしい」(大阪弁!)で、
ちょっとマイナスのことを言われたら、めちゃくちゃ落ち込むタイプ……。
でした。

でも、やっとこのごろ、「マイナス」のことを言われても、
多少大丈夫になってきた。

それは、
私自身の存在が「ダメ」って言ってるんじゃない、
と理解できるようになったから。

「ダメ」と言われているのは、
たとえば、テーマの立て方だったり、
写真の選び方だったり、
リードの言葉だったり……。

だったら、それを変えれば大丈夫!

こんな簡単なことが、どうしてずっと理解できなかったのでしょう!

以前は「この文章、ちょっと違うと思う」
と言われただけで、自分を全否定された気持ちになって
クヨクヨと落ち込んだり、
「あの人だって、ああ言ったじゃん」
と逆恨み(こわっ!笑)したり、責任転嫁したり……。

子供だったなあと思います。
でも、今でもこの傾向は少し残っていて、
ダメだしされると、ムッとしたり落ち込むことも。
でも、そこから抜け出す術を覚えたというか……。

「おへそチーム」でも、今号を作りながら
何度か揉めました。
でも、「ああじゃない?」「こう思う」
と意見を交わせたことは、本当によかったなあと思うのです。

 

ああ、次号の素晴らしきラインナップといったら!!
早くみなさんに見ていただきたい!
自画自賛しまくり!!

 

来年1月30日発売です。
どうぞお楽しみに!!

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ