「press room alice daisy rose」黒田朋子さん【後編】「新しいものも少しずつ取り入れてアップデートを」

わたしたちのコスメのはなし
2016.12.29

←前編はこちらから

黒田さん「私はお風呂上がりに“Leonor Greyl”のオイルを顔から全身に塗るのですが、草場さんはどういうタイミングでお風呂上がりのスキンケアをしていますか?」

草場「お風呂上がりの肌は猛スピードで乾燥していきます。私は髪と顔を拭いたらまず顔に“SHIGETA(シゲタ)”のEXオイルセラムをのばします。その後に身体を拭き、ボディケアをして服を着ます。それからゆっくり顔のスキンケアという流れです。まず先にオイルをつけておくことを大事にしています。黒田さんもまずオイル、とのことですが、その後のスキンケアはどうしていますか?」

黒田さん「スキンケアは気に入ったものをずっと使い続けるタイプなので、“LYDIA DAINOW(リディア ダイナウ)”というブランドのジャスミンローションが15年近く定番でした。でも、つい最近“Dr. Hauschka(ドクター ハウシュカ)” も試し始めました。ラインナップはひとつのブランドで揃えたいので、全て“Dr.Hauschka”で揃えて使っています。クレンジングミルク→クレンジングクリーム→フェイシャルトナー(化粧水)→レジェンセラム(美容液)→デイオイルです。でも私は乾燥肌なので、これだけじゃ足りないような気もしたりしていますが……」

3F1A1540

草場「乾いていると感じることがないなら大丈夫だと思います。今お顔を拝見していても、とってもプルプルですし。私も色々な化粧品を使ってみたいあまり、与えすぎてしまいがちなので、たまに、必要最低限のスキンケアだけにする“肌断食”をしたりして、肌本来の力を引き上げるようにしています」

黒田さん「“Dr.Hauschka”のナイトセラムセンシティブというスペシャルケア用の化粧水も買ってみたんです。28日間集中して使用するスペシャルケアというものに興味があって買ってみたけれど、一体いつ始めたら良いのか分からなくて」

3F1A1541

草場「私も同じく“YONKA(ヨンカ)”の集中ケアを試してみたばかりです。肌が弱っているなぁと感じた時に始めたらいいと思います。月の満ち欠けとかもキッカケのひとつになるかもしれないですね」

黒田さん「新月か満月のどちらかでスタートする玄米クリームマクロビダイエットに挑戦してみようと思っているので、そのタイミングで一緒に始めてみようかな」

3F1A1578

草場「スキンケアをした後は、ファンデーションなど使いますか?」

黒田さん「スキンケアの後に日焼け止めを塗っています。よく使っているのはこの3つ。化粧品はひとつのものをずっと使い続けるタイプなんですけど、日焼け止めだけはコレというものにまだ出会えていなくて」

3F1A1549

草場「私も“YONKA”はずっと使っています。日焼け止め選びって難しいですよね。通年同じものを使うのではなく、季節やシチュエーションによって違う日焼け止めを使うことをおすすめします。例えば今は冬なのでSPF値が低いもので大丈夫です」

黒田さん「冬はSPF25くらいあれば大丈夫なものですか?」

草場「全然大丈夫です。25あれば充分だと思います。低い数値なら “mama&kids”の乳液タイプがおすすめです。私の日焼け止めを選ぶ基準は、白くならないか、香り、テクスチャー、品質。これらを全て完璧にクリアするものはなかなか見つかりません。冬は数値が低くても大丈夫なので、おだやかな日焼け止め効果のある“shiro(シロ)”のがごめ昆布プライマーだけの日も多いです。保湿力が高く、ツヤが程良いのでとても気に入っています。日焼け止めの後はパウダーはつけますか?」

黒田さん「“Neal's Yard(ニールズヤード)”のパウダーをずっと使っていたのですが、現在店頭で買えない状況になってしまって困っていたところです。おすすめをお聞きしたいです」

草場「黒田さんはきっと軽いパウダーがお好きだと思うので、“MIMC(エムアイエムシー)”、“laura mercier(ローラ メルシエ)”、“MAC(マック)”のパウダーがおすすめです。“MAC”のパウダーは仕上がりがとても綺麗なので最近仕事でもよく使っており、“MIMC”と“laura mercier”は粒子が細かく無色です。パウダーにはパフがついていますが、ブラシを使うと軽くつけられてツヤを殺さないのでおすすめです」

黒田さん「私は普段、全然メイクしないから、ネイルくらいはって思う時もあるのですが、会社員時代に10年くらいずっとネイルをつけていたら爪が弱って薄くなってしまって……それから控えるようになりました。ネイルは、赤やピンクなどのハッキリしたカラーというイメージだったんですが、こういうベージュやブルーを友人からプレゼントしてもらって、すごく新鮮でした」

3F1A1627

草場「私もこの“ADDICTION(アディクション)”の047番のベージュは大好きで、何度もリピートしています。黒田さんのようにジュエリーをたくさんつける方でも、偏光カラーや白っぽいパールカラーなど、ジュエリーの邪魔をしないネイルもあるんです。例えば“ADDICTION”の083番は、肌色の延長のようなカラーで、でもメタリック感があり格好良く、主張しすぎないのでおすすめです」 

黒田さん「ネイルをちょっと試してみたり、あとはアイラインやリップも試してみたいなぁと思ってはいるんです。どれを選んだらいいのか分からないのでまだ試せていませんが。ノーメイクだけれど、赤いリップだけとか、アイラインだけすっと入っているとか格好いいメイクの方と会うと素敵だなぁと思って。今度是非また教えてくださいね」

草場「是非! 楽しみにしています」

3F1A1573
 


エディター柿本の「今日のまとめ」

黒田さんのお肌はプルプルで、昔に肌荒れしたり乾燥肌で悩んだりしたとは思えない輝き。色々な経験を経て、自分のお肌や体調の声が自然と聞けるようになるのだと思います。スキンケアや香りを10~15年同じものをずっと使い続けている一途さはありつつも、「良いものがあったら試してみよう」という柔軟さも一方にあり、そこが黒田さんの美しさの秘密の欠片なのかもしれません。アイラインやリップを楽しむ、ちょっとだけ新しい黒田さんもまた楽しみです。そして、この連載で何度も登場している“Leonor Greyl”のオイル。そろそろ手を伸ばそうかと思っています。


photo:福冨ちはる edit&text:柿本真希

 

第1回 伊藤まさこさんはこちらから
第2回 デザイナー・田部井美奈さんはこちらから
第3回 ブランディングディレクター・福田春美さんはこちらから
第4回 「nest Robe」滝口和代さんはこちらから
第5回「Ö STORE」小森愛さんはこちらから
第6回アタッシェ・ド・プレス 岡本敬子さんはこちらから

Profile

黒田朋子

Tomoko Kuroda

「press room alice daisy rose」主宰。「TOWAVASE」「LiniE」「MAISON RUBUS.」「Sugri」などのPRを担当。デザイナーズブランドのプレスを経て2010年に独立。「online shop alice daisy rose」も運営。
http://alicedaisyrose.com

草場妙子

Taeko Kusaba

1979年、熊本生まれ。2006年独立。雑誌や広告、CMなどで幅広く活躍するヘアメイクアップアーティスト。コスメ好きが高じて、インスタグラムではおすすめの美容アイテムを紹介。
http://kusabataeko.com
Instagram:https://www.instagram.com/kusabataeko/

柿本真希

Maki Kakimoto

フリーランスエディター・ライター。二児の母。様々な媒体やカタログにて、編集・執筆・連載・インタビューを担当。ニュージーランドにて母子留学を2年半。2014年秋に帰国後、エディター・ライター、ディレクターなど多岐にわたり活躍中。
http://www.makikakimoto.com
Instagram:https://www.instagram.com/makikakimoto/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ