野菜のセイロ蒸しが主役の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.03.12

~「宙SORA」吉田美穂子さん vol.2~

おはようございます。「器店主の ある日の朝ごはん」連載の第2回、ご覧いただき有難うございます。まだまだ馴れずにどきどきしていますが、今日もいつもの朝ごはんをご紹介させていただきます。

連載第1回では、旅館の朝ごはんのような献立が多い、ということを書かせていただきました。その時は白米にもち麦を混ぜて土鍋で炊きましたが、今日は、玄米ベースの十穀米を圧力鍋で炊いたもの。

わが家のごはんは、この「白米+もち麦」と「玄米ベースの十穀米」の2パターン。どちらかのお米を3合炊いて余った分を冷凍し、そのストックを食べきったら、もう1パターンのほうのお米を3合炊く、というようにして交互にいただいています。

DSC_0339
冷凍したごはんは、中華セイロで蒸します。レンジでチン! よりもふっくらと、炊き立てのように美味しく温めることができるのです。

ごはん2人分で6~7分蒸すのですが、せっかくだから一緒に野菜も蒸してしまおう! 野菜をたっぷり食べられるし時短で一石二鳥! と、よく中華セイロを2段に重ねて蒸しています。半端野菜も多種揃えば、色とりどりでにぎやかに見えますね。そして実際、野菜がおどろくほど甘く美味しくなるのです。

蒸す時には、野菜から汁気がでてもごはんに影響ないように、上段がごはん、下段が野菜。
今日は玉ねぎドレッシングをかけましたが、シンプルにオリーブオイルと塩こしょうだけでもとても美味しいですよ。野菜1、2種類のみで蒸して、和え物にすることもあります。

この中華セイロは、山下アキヒロさん作。以前、「宙」と同じ、東横線・学芸大学駅近くに工房を構えていたことから、「宙」でお付き合いさせていただくことになりました。すべて国産の材料で作っていますし、何かあったら修理もできるので安心です。

朝ごはんに便利なのは、この21cmサイズ。サイズ展開もあり、ご希望サイズでお作りすることもできます。私は28cmサイズもよく使っています。

DSC_0347

オットがメタボでごはんの量を少なめにしているので、野菜とたんぱく質多めのおかずで、おなかもちが良いように心がけています。

飯碗は内田鋼一さん作。しのぎ(表面を削る技法)が心地よいです。なめこともずくのお味噌汁はオット作です。お味噌汁を作るのが好きなようで、時々作ってくれるのです。私が作るよりも塩分が多いのが気になりますが(笑)、ありがたくいただきます。今日は岩本忠美さんの椀を使っています。

納豆にはそば猪口を使います。一人分の納豆を盛るのにちょうど良いサイズなのです。そばちょこはつい集めてしまうのですが、今日は坂場圭十さんの染付のものにしました。

ぬか漬けの器は内藤美弥子さん、箸置きは原朋子さん、お箸は加藤那美子さんの作品です。

DSC_0368

蒸し野菜は、清水なお子さんの染付の6寸皿をに盛りました(写真右上)。やさしくさわやかな絵付けが、朝の気分にぴったりです。清水さんは3月11日(土)から3月20日(月・祝)まで「宙」で個展を開いていただきます。

がんもどきの含め煮は、田辺京子さんの赤絵の器に(写真中央上)。この絵付け、とっても可愛いですよね! ヨガをしているサル君! というアイデアとその表情が素晴らしい。賑やかな絵付けの器も、盛りつけはそんなに難しくありません。

DSC_0356
そして一旦食卓を片づけてから、ヨーグルトとカフェインレスのコーヒーを。コーヒーには、内田鋼一さんのカップ&ソーサーを選びました。

ヨーグルトには、チアシードとグラノーラにメープルシロップ。松岡装子さんのステンドグラスのような色鮮やかなガラスの小鉢は、朝の光を受けてきらきら輝き、気分を上げてくれます。漆塗りのスプーンはさかいあつしさん作。とても口当たりが良いですよ。シンプルな器合わせも好きですが、賑やかな絵付けが入った器をアクセントに使うのも気に入っています。楽しい気分になりますしね。

DSC_0183
こんな風に、わが家の野菜たっぷりの食卓を支えてくれるのは、宮崎県綾町の川上農園さん。数年前に東京から移り住み、無農薬で野菜を作り始めた川上さんご夫妻。奥サマが小学校時代の友人というご縁もあり、2週間に一度、宅配をお願いしています。いきいきとした野菜たちは力強い味がします。シンプルな味付けでも美味しい一品! ができあがるので、大助かりです。

そして白米と玄米は、長野県のうちだ農場さんから送っていただいています。内田さんは、麻布十番でギャラリーをしていた方ですが、やはり数年前にギャラリーを閉めて無農薬でお米を作り始めました。

信頼している方が丹精込めて作る野菜とお米を、安心して食べることができる、ということに感謝しています。

 

←お店の紹介はこちらから

←その他の「宙 SORA」吉田美穂子さんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』

宙 SORA

毎日を楽しく、幸せにしてくれるお気に入りの器が見つかる器店。連載「ある日の朝ごはん」執筆は、店主の吉田美穂子さん。

東京都目黒区碑文谷5-5-6
TEL:03-3791-4334
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜、水曜(その他、夏期冬期休業あり)
http://tosora.jp
http://tosora.shop-pro.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ