はじめての、フランスのカゴ祭り

1週間特集
2017.10.17

「スタイリスト鍵山奈美さんのカゴ祭り便り」vol.2

←vol.1はこちらから


プロヴァンスで友達と合流し、夕方のパレードに間に合うように、カゴ祭り開催の地・ヴァラブレーグに向かいました。プロヴァンスの旅の拠点・アヴィニョンからタクシーに乗って30分ほどの、小さな村です。

IMG_0018
お祭りが開かれている広場に到着! この日は、職人さんたちが1年かけて編み上げたカゴを自ら持ち寄り、かわいい三角屋根のテントブースごとに販売しています。

IMG_0010
いろいろな形のカゴが所狭しと並んでいて、ドキドキしてしまいます。素朴な雰囲気のものが多いようです。

IMG_0026
IMG_0009
ブース内で実演している職人さんも。ぐんぐん編まれていく様子を見ているだけで楽しくなります。

IMG_0058
カゴの材料も売っていました。

IMG_0041
会場のゴミ箱もこの通り。

IMG_0017
伝統的な衣装に身を包み、準備をしている人がチラホラ。いよいよパレードが始まるようです。

IMG_0016
音楽が流れ出したら、パレードがスタート!

IMG_0015
実際のパレードを目にして、「かわいい!」を連呼する私たち。あとから、誰よりも声を出していたと言われました。興奮してしまったんですね(笑)。

IMG_0048
こちらは去年買ったカゴたち。大型のふたつきバスケットや、鮮やかな黄色のビニールかごなど、ちょっと個性的なものも。スタッキングできるよう考えながら選んで、7個を手持ちで帰国。我ながら感心します。

IMG_0014
そんなカゴ祭りの様子をインスタグラムにあげたところ、帰国したあと、たくさんの人たちから「写真かわいかったね! 来年は行くの?」と聞かれました。どうしようかなと考えていたら、いつもお世話になっているブランド「ジャーナル スタンダード ラックス」のプレス秋山裕子さんから、「来年も行くなら、うちでフランスのカゴのポップアップショップをやりませんか?」というありがたいお誘いが。「行く行く! やります!!」とすぐに返事をしました。

IMG_0013
そして今年の夏、私はまたコートダジュールから入り、プロヴァンスのアヴィニョンで、プレスルーム「アリスデイジーローズ」を主宰する、友人の黒田朋子さんと合流。ロンドンから来た友達2人も加わり、4人でカゴ祭りに向かうことになりました。


→vol.3へ続きます

 

ジャーナル スタンダード ラックス 渋谷店

10/21(土)、鍵山奈美さんが南仏で見つけてきたカゴが並ぶポップアップを開催!
東京都渋谷区神南1-5-7
03-5457-0844
営業時間:11:00~20:00

Profile

鍵山奈美

Nami Kagiyama

スタイリスト。福岡出身。アシスタントを経て2003年独立。雑誌、手芸書、カタログなどを中心に活躍している。http://kagiyamanami.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ