鵜飼芳夫さん 鵜飼弘子さん(セレクトショップオーナー) vol.2

ふたりのおしゃれ
2016.02.28

vol.1はこちらから。

 

これじゃなきゃ、という意思は強くても

ひとりで生きていく自信はないんです。

 

s-20160225_鵜飼さん4

 

 

やがて徐々にお客様が増え、いつの間にか弘子さんのお店は、街の注目スポットになりました。

 

弘子---当時どこの家庭にもランチョンマットなんてなかったんです。だから「どう使うの?」って聞かれたら、テーブルの上でもいいし、ドレッサーの上に敷いてもいいしって説明するわけ。そうするとみんな「へ〜」って喜んでくれるの。それは今、洋服のコーディネートを提案するのと同じですね。

 

雑貨店は順調に売り上げを伸ばし、やがて電気店を従業員に譲って、ふたりで雑貨店を営むことになりました。その頃から、雑貨より洋服の需要が増えて、「私の部屋」から独立し「ライフギャラリー サス+コントラスト」として再スタートすることに。気になったブランドや作家さんには、連絡をしてふたりで足を運び、いろんな人と出会いながらアイテムを少しずつ増やしてきました。その頃から今まで、サスコンらしさは、ずっと変わらず弘子さんらしさでもありました。アンテナを張って「あ、これいいな」と拾い上げるのが弘子さんの役目です。

 

芳夫---このデザインがいいね、とピックアップする目は、弘子じゃなくちゃダメだって思っていますね。

 

弘子---確かに選ぶのは私だし、コレじゃなきゃっていう思いも強いんです。でも、ずっと私は自分に自信がなかったんですよね。寂しがり屋だし、ひとりでは生きていけないって思っていました。あれこれ文句はいっても、やっぱり主人にいてもらわなくちゃダメなのかもね。

 

 

妻にも子どもにも怒ったことはありません。

スポンジみたいに、すべての思いを吸収しちゃうんです。

 

s-20160225_鵜飼さん5

 

今でも月に数回は上京し、展示会巡りを。新たなブランドを見つけたり、展示会を企画するなど大忙しです。そんなふたりは「老後をどうするか」なんて、話し合ったこともないのだとか。

 

弘子---私は、そういうことも考えなくちゃと思っているんだけど、主人はまったく聞く耳持たないのよ。そういう風になりたくないのかな?(笑)

 

芳夫---僕はいつも、こんなことがやりたい、こういう世界観がつくりたいって、夢を描くのが好きなんです。その夢は枯れることがない。今でもまだまだやりたいことがいっぱいありますから(笑)。

 

結婚、仕事、子育て、家族間の人間関係……。人生にはいろんな出来事があり、山あり谷あり、長い道が続きます。でも、ふたりにとって、どんな時にも変わらなかったのが、好きな洋服を見つけて、自分らしく組み合わせ、装うことのワクワク感でした。その発見の喜びは、歳を重ねても尽きることはありません。心のいちばん深いところに、同じ“ときめき”を持っていれば、他に違うところがたくさんあったとしても、1本の路を共に歩いていける……。ふたりの仲のいい姿がそう語っているようでした。

 

s-20160225_鵜飼さん1

 

『ふたりのおしゃれ』より

photo:和田直美 text:一田憲子

Profile

鵜飼芳夫 鵜飼弘子

Yoshio Ukai Hiroko Ukai

芳夫さんは1941年生まれ。家業の電気店を継いだ後、弘子さんと共に「サスコン」を営む。弘子さんは1942年生まれ。ニットメーカー勤務後結婚。芳夫さんの家業を手伝いながら雑貨店をオープン。1979年より、洋服をメインとした「サスコン」にリニューアル。

http://suscon.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ