『暮らしのおへそ Vol.25』 魅力的なおへその持ち主たちがいっぱい!

一田憲子のおへそのすきま
2018.01.26

cover_CS6

いよいよ来週1月30日(火)「暮らしのおへそ Vol.25」発売です!

今回の表紙はメガネ。
相手が変わらなくても、社会が変わらなくても、状況が変わらなくても、
自分のメガネを変えれば、きっと世界が変わるはず……。

今回は、びっくりするほどの充実のラインナップです!

 

巻頭は、なんと石田ゆりこさん
いや〜、可愛かったな〜、綺麗だったな〜!

大学で栄養学を学んだそうです。
そんな石田さんのおへそは、「ちゃんと食べること、きちんと眠ること、運動をすること」
普通に思えますが、そこには深いおへその理由がありました。

「意識して口角を上げて、眉間にシワを寄せない。
 それだけで自然にいい顔になるんですよ」
とやって見せてくれました。
確かに〜!
以来、私は背筋を伸ばし、口角を上げて、眉間を広げる……を真似しています!

 

平野レミさんは、とても深い愛情の持ち主でした。
夫の和田誠さんへ、お子さんたちへ、お嫁ちゃんたちに……。
深い愛情が、おいしさへつながっていることを、しみじみ感じました。
そして、歯に絹きせぬレミ語録が面白い!
あの、お皿に立てたブロッコリーのお話も聞きましたよ〜!

 

チクテベーカリー北村 千里さんは、夜中の3時起床。
娘さんは週に4日実家で暮らしているそう。
「普通のお母さん的なことができていなくていいのかな?」と悩んだことも。
でも、誰かを喜ばせることができるのは、「パンを作ること」だけだと……。
そんな北村さんの日常を見せていただきました。

 

お話が最高に面白かったのは、絵本作家のヨシタケシンスケさん
ヨシタケさんの絵本の主人公が外に出ないのは、ヨシタケさんがそういう人だから。
「井の中の蛙でも、自分の井戸に関しては誰よりも詳しい。
井戸の中も面白そうと思ってもらえたら」と語ってくれました。

 

そして!クリス智子さんのお宅にもお邪魔しました。
海のそばの古い一軒家。
いつも通る駅までの道。
いつも触れる空気。いつも見上げる空が自分を作る。
それが、J-waveのスタジオまで2時間かけて通っている理由だそうです。

 

やっと出ていただけたのが、有元葉子さん
里芋は水で下ゆでせずに、出汁に調味料を入れてそのまま煮るそうです。
やってみたら、今までの里芋はなんだったんだろう?というぐらい美味しい!
料理を「自分のものにする」方法を教えていただきました。

 

雑貨店「klala」の滝沢緑さんのお宅のインテリアの素敵なこと!
入浴剤も、洗剤も全て美しい容器に移し替えて。
一手間かけて暮らしを整える術はすぐ真似したくなることばかりです。

 

徳島でカフェ「ろうそく夜」を営む元木ともよさん
4人の子供を育て、長男が家を出た時に初めて知ったのが
「子育ては終わるんだ」ということ。
それから子供たちとの時間が何より愛おしくなったそう。
見方を変えるだけで世界は変わる……。
元木さんの言葉の強さ、優しさにいろんなことを考えさせられました。

 

福島で「あんざい果樹園」を営む安斎一壽さん久子さん。
震災後、息子たちが移住していったとき、
寂しくて泣いたそうです。
でも、しばらくして思ったのは
自分の人生は自分で創り出すもの、ということでした。

 

私が若いころ大好きだった、岩城滉一さんの奥様、結城アンナさん
今年63歳。
決まりごとが嫌いで、形があるものは壊したい、
というロックなスピリットの持ち主でした。

 

私のトークイベントに来てくださって知り合った主婦、高橋麻樹さん
「正しさを優先させると心が疲れてしまうから、
 楽しさを出発点にしよう」
という言葉が胸に沁みました。

 

そして!青森県の恐山のお坊さん、南直哉さん
「心の平穏を保つには、どうしたらいいですか?」と聞くと
「自分を大切にしないことです」と!
感情と状況を切り離す。
モヤモヤした不安や悩みを、他人に伝わる言葉にすると、輪郭ができて扱いやすい「問題」になる。
自分の中に立ち上がる「問い」を離さないこと。
一つ一つの言葉に深く頷きました。



そのほか、整理収納の達人たちに教えてもらった片付けグッズの紹介や
おしゃれやメイクのおへそも。


 

いや〜、どの取材も濃くて、楽しかったなあ〜。
どれも読み応えたっぷりだと思うので、ぜひみなさま、手にとってみてくださいね!

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ