無意識に流れてくるものの存在を大切にするvol.4~クリス智子さん~

暮らしのおへそ
2018.07.05

←vol.3はこちらから

 

自分の調子を読み取りながらできるときにできることをする

chirs0002KIJI
「晩ご飯を作って食べて、そのあと何かして、それでもまだ余力があれば、また料理をしたりします。元気があるのに、次の日のために早く寝なくちゃと思うと、かえっていい流れを止めてしまう気がするんです」。駅前のお肉屋さんで買った牛肉で、飯島奈美さんのレシピで作ったハッシュドビーフは定番の作り置き。

chirs0012KIJI

好きなものを置く

chirs0006KIJI
ロータスの壁紙やグリーンの洗面ボウルなど「毎日何度も行く場所に好きなものがあるとうれしい」。

影を楽しむ

chris0007kiji
影を楽しむため、アイアンのワインラックにワインは入れない。子どもが描いた油絵もお気に入り。

ニッチをつくる

chris0009kiji
湯船につかったとき、ちょうど視線の先にキャンドルの炎が来るように、キャンドル用のニッチを設置。

タオルは3色で

chris0010kiji
アイボリー、黄緑、パープルの3色を風合いや厚さ違いで。棚の幅はタオルに合わせてサイズをオーダー。

部屋の中にも窓を作る

chirs0004KIJI
「とにかく窓が好きなんです」。窓辺にはお気に入りの小物を飾って

ラジオと音楽は欠かさない

chirs0008KIJI
キッチンにいるときは、FM局と「アマダナ」がコラボした、スピーカーにもなる「アマダナミュージックレディオ」で音楽を聴いたり、ラジオを聴いたり。

 

出典:『暮らしのおへそ vol.25』より

photo:枦木 功 text:和田紀子

Profile

クリス智子

Tomoko Chris

ハワイで生まれ、幼少期に京都、フィラデルフィア、横浜など、日本とアメリカの各地の文化を色濃く感じる土地で育つ。上智大学比較文化学科を卒業と同時にJ-WAVEでラジオパーソナリティとして仕事を始め、現在は「GOOD NEIGHBORS」のナビゲーターを務める。

http://christomoko.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ