【ブルックリン特集】vol.4「CORAL & TUSK (コーラル アンド タスク)」日本マーケット担当 冨田明日美さんの使い方

【ブルックリン特集】「CORAL&TUSK(コーラル&タスク)」の世界
2018.11.01

←vol.3はこちらから

 

連載4日目の今日は、私が自宅で愛用している「CORAL & TUSK(コーラル&タスク)」のアイテムをいくつかご紹介します。一歳の男の子と主人と3人で暮らしています。

 

Photo & Text: 冨田明日美

 

オフィスの壁の棚には「Crossed Arrows」というデザインの刺繍カードを額に入れて飾っています。ポストカードサイズなので、市販の額にも簡単に入れることができます。気分によってカードのデザインを変えたりして楽しんでいます。その横には「Bear Doll」を。沢山の種類がある中、やんちゃそうな格好をしているのに可愛い顔というギャップが好きでこのクマを選びました。

s-4_1

 

この棚には「自然と動物」というテーマを決めて、それにゆる〜く沿ったアイテムを飾っています。ちなみに「Bear Doll」の右横にいる動物は「CORAL & TUSK(コーラル&タスク)」でビジュアルコンテンツを担当するAlijaが作ってくれたものです。彼女もまたとても才能のあるアーティストなのです。

s-4_2

こちらリビングルームの一角。レオパード柄のクッションをソファーに置いています。ステファニーのデザインするレオパード柄はとても細かく刺繍が施されています。我が家の主張の強い黄色のヴィンテージソファーにも負けない存在感がありつつ、色合いがインテリアになじみやすいところがとても気に入っています。この40cmサイズのクッションは使い勝手が良いので、デザイン違いで何種類か持っています。

 

s-4_3

 

こちらは去年のクリスマスツリーです。この後に光の装飾を少し足しました。「CORAL & TUSK(コーラル&タスク)」のオーナメントは沢山種類があるので選ぶのに悩んでしまいます。廃盤になると手に入らなくなってしまうので、気に入った物を少しずつですが毎年追加しています。息子が自分で選ぶにはまだ早いので、今年も私の好みで「Yeti」や新作を何点か追加する予定! ツリーに飾るのが今から楽しみです。

s-4_4

Profile

「CORAL&TUSK(コーラル&タスク)」

2007年、デザイナーのステファニーがブルックリンで立ち上げた刺繍のブランド。動物や植物などをモチーフにしたユーモアとストーリー性のあるデザインが特徴。クッションやテーブルリネンなどのホームプロダクトの他、2017年にはアパレルラインも始める。最新情報はインスタグラム「@coralandtusk 」 にて。 www.coralandtusk.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ