天然ヒノキ&酵素のチカラで、ツルツルほかほか ~今月の先生:「酵素浴えん」ゼネラルマネージャー 西村恵さん vol.2

からだ修行
2016.06.29

vol.1はこちらから

photo:砂原 文 text:田中のり子

 

「えん」の代表・山口尚哉さんは、お店を始める前に、何と全国の100店舗もの酵素浴、酵素風呂の店を訪ね歩き、研究を重ねたそう。そこで得た結論は、「酵素浴の店は、寿司屋のようなもの」。酵素浴だからいいのではなく、いい店もあれば悪い店もある。その良し悪しを決めるのは、「素材を扱う力=きちんとした素材を確保し、発酵を管理できる力」。

浴槽の中が、温度よく、香りよく、元気に発酵できているか、新鮮な原料を使っているか、管理はきちんとできているか。相手となる微生物は生き物なので、手入れの仕方で状態はまったく変わってきてしまいます。その手間や材料を惜しまずに運営しているかどうかは、それぞれの店の力量や、やる気にかかっているのだそうです。情熱に燃える山口さんは、お寿司屋さんの名店のように、「なるべく質の高い酵素浴を、お客さんに提供していこう!」と、心に誓ったのだそう。

例えるなら、ぬか漬けのぬか床を育てるようなものですね。上下を入れ換えたりしてふんわり空気を含ませたり、微生物が元気になるようエサ(野草・野菜・くだものから抽出したエキス)を与えたり。気温や湿度によっても状態が変わるので、手入れを怠ると、たちまち弱ってしまうんです」と西村さん。

そのベースとなるおがくずに使用しているのが、「奈良県吉野産ヒノキ」。こちらは山口さんとご縁があった、山守(山の管理をする人のこと。木を育て、山の環境を守りつつ、木材になるまでの長い年月を見守る仕事を行う)の「中神木材」さんと提携し、そこで出た間伐材(間引いた木)など天然のヒノキのみを仕入れ、パウダー状にして活用しているそうです。それにより、特定の製材所で出たおがくずを使用しているので薬品が混じるようなこともなく、お客さまに安心して入ってもらえるのです。

長い時間と多くの手間がかかる林業の世界。しかし手頃な輸入材が多く入ってきてしまったため、木材価格は下落し、山を離れる人も多く、結果的に山林が荒れ、現代日本の山林管理は非常に厳しい状況にあります。間伐を行わない森は、樹木の生育がにぶく、しっかりとした根を張ることも難しくなり、結果として山が水分を保持する力も弱まり、土砂災害などの被害を引き起こす要因にもなったりします。つまり、間伐するヒノキを定期的にかしこく利用することは、山を育てることにも貢献できているのです。

さらには「えん」の酵素浴で活用したヒノキパウダーは、その役目を終えたあとはオーガニック発酵堆肥として、田畑で再利用されているそう。まさに、自然の恵みが循環し、人にも環境にもやさしい、エコロジーな取り組みを徹底されているのです。ちなみに西村さんたち「えん」の女性スタッフも、吉野の山に何度も足を運んで林業体験をしたり、畑で農業体験もしているのだとか。

また、ヒノキパウダーを使った、オリジナル商品も開発しているそう。こちらの「えんの天然『洗』」は、ヒノキパウダーの薬効成分に注目し、ラベンダーオイル、ローズマリーオイルを加えた、100%天然成分で作ったハンドスクラブ
 415

まず、手のひらにスプーン1~2杯をのせ、同じくらいの水を含ませて泡立たせます。

417

422

手全体にのばしマッサージして、1~2分したら水で洗い流します。
 424

マッサージしたほうの、左の手の甲を見ると、キメが整って、つやつやに。実際に私も試させていただき、ひじをマッサージしたら、あっという間にツルツル。感触がとても気持ちいいのです。気づいたら、「こ、これ、買います!」と、叫んでおりました……。

425

 

そんな酵素浴のお話をお伺いしたあとは、いよいよいざ入浴! 手順としては、まずは肌や体調の状態をアンケートに記入し、スタッフの方々と本日の入浴メニューを相談。その際、酵素浴の効果を高める「ウェルカムドリンク」ならぬ「ウェルカム酵素」をいただきます。こちらは、同じく「えん」のオリジナル商品にもなっている、「えんの発酵『食』」。厳選された自然野草や新鮮な野菜・くだものを1年以上かけて発酵・熟成させた発酵エキス。すぐに体内に吸収されて、身体の免疫力を高め、美肌や代謝効果をアップすることをサポートしてくれるらしく、お味のほうはサラリとしたジャムのような、自然な甘みが口の中に広がります。これらはお店でも購入することができるそう。

445

一緒に出されたミネラルウォーターはフィジー産の「アイランドチル」。コラーゲンの生成をサポートする天然ミネラル、「シリカ」が世界最高水準で含有されていることで有名です。また、この水はお好みで、ノルウェーの高級ミネラルウォーター「VOSS(ヴォス)」や、スペインの「サンタニオル」にバージョンアップすることも可能なのだとか。水にこだわれるって、何だか楽しいですね。

413

 

vol.3はこちらから

vol.1はこちらから

 

第1回「頭も心もとろんとろんになるヘッドマッサージ」はこちらから

第2回「身体にふれることで、ありのままの姿を観察し認識するセラピー」はこちらから

第3回「身体を土台から整えていく、究極のインソール」はこちらから

酵素浴えん 梅田店

大阪市北区梅田2-4-7 桜橋ニコービル4F
TEL:06-6343-6360
営業時間:12:00~22:30(最終受付 21:00)
定休日:第3木曜
http://kousoyoku-en.com/

※大阪・心斎橋、東京・新宿三丁目、ハイアットリージェンシー京都にも店舗あり。
体質改善入浴¥4,500~など(店舗により価格が異なります)

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ