「nest Robe」滝口和代さん【後編】「“香り”に助けられたり癒やされたり、大切な存在」

わたしたちのコスメのはなし
2016.07.06

←前編はこちらから

滝口さん「“香り”と言えば、その重要性をしみじみと感じた出来事があって。私、前にものすごく仕事がヘビーな時期があったんです。撮影や、設営など毎日ハードなスケジュールが続いて……。そんな時に、撮影前のメイクルームからすごく良い香りがしたんです。ふと、“この香りがあれば乗りきれる!”“この香りで今生き返ってる!”と感じて。その後急いで買いに行ったのが、この“YONKA”のローション。もうこれはあの時に、生命体として欲した香り(笑)!今でも疲労感が強い時は、この香りを“特別な香り”と感じます」

takiguchisan_150草場「これは本当に香りが素晴らしいですよね!! 私も7、8年使っています。保湿力が高く、霧状に出るので気持ちがいい」

滝口さん「私は、今の時期はこれ1本で大丈夫です。今はあの時のようにヘビーな状況ではないですが、やっぱりこの香りに日々癒やされています」

草場「これ1本で大丈夫なんですね! 私は、季節ごとにスキンケアを変えるのがベストだと思ってはいるのですが、それはなかなか難しいのも事実。ですから“使い方”“タイミング”“回数”を変えて調整するのも良いんじゃないかと思います。ご自身が今の季節はこれ1本で大丈夫と感じれば、それは間違いないと思うんです」

滝口さん「私って、わりと感覚的すぎて(笑)。でも、それでいいんですね。 食べたいものを食べるのと一緒で、自分が気持ちいいと思うスキンケアをすればいいんですよね。私は、やっぱり香りが一番重要かもしれません」

草場「私も香りはとても重要です。タオルから生乾きの香りがするのがとっても許せなかったり、香りが苦手なスキンケアは使えなかったり……」

滝口さん「私もタオルの香りは気になります! この“wee clean”の洗剤に出合ってから、タオルの香りをずっと嗅いでいるくらい気に入っています(笑)。これは違いますが、私の定番は“フランキンセンス”と“ミルラ”の香り。絶対に試してみて欲しいです! ココナッツオイルソープで洗い上げるので柔軟剤という概念がないのですが、洗い上がりの肌触りも香りもとても良くて、寝具、タオル、下着など肌に近いものをこれで洗うと、気持よく過ごせます。この洗剤は、“iHerb”で購入しているのですが、環境に良いというのも嬉しいです」

takiguchisan_168

草場「すぐに買ってみます!! タオルは何を使っていますか?」

滝口さん「“nest Robe”のリネンワッフルタオルです。リネンの繊維は中が空洞になっているので、吸水力があり、すぐに乾きます。だから雨の日はいつもリネンパンツ。朝濡れてしまっても、昼くらいにはすぐに乾いちゃうんです。リネンって実は機能的なんですよ」

takiguchisan_171

草場「リネンはちょっと肌触りが硬いイメージでした。生乾きの匂いを防ぐために、速乾性コットンのタオルばかり使っていましたが、リネンも試してみたいです」

滝口さん「硬いイメージありますよね。新品の時はたしかにそうなんです。でも、洗ううちにどんどん柔らかくなるんです。だから、私はリネンをプレゼントする時には、2、3回洗ってからプレゼントしたりします。ファーストタッチって大事じゃないですか。だから、ファーストタッチで気に入ってもらえるように」

草場「それは嬉しい心配りですね! 普通にお洗濯しちゃって良いんですか?」

滝口さん「リネンは洗えば洗うほど使いやすくなるので、日用品はどんどん洗って大丈夫です。柔らかくなっていきます。お洋服の場合は、色移りなどに気をつけて頂ければ」

草場「ヘアスタイルもいつも違って素敵ですが、スタイリングに合わせて変えているんですか?」

滝口さん「そうですね。お洋服や気分や天気で変えますが、シチュエーションによっても変えています。会議のときにはキリッと結んでみたり」

草場「ヘアスタイリングの際に、何か髪につけたりしますか?」

滝口さん「顔にクリームを塗ったついでに、残りを髪につけちゃったりもします(笑)。ヘアスタイルも深く考えず、ささっとまとめる感じが多いです」

takiguchisan_101

草場「本当に感覚が鋭いんですね。香り重視の滝口さんですが、お家の空間の香りでお気に入りはありますか?」

滝口さん「最近好きなのは“undulate(アンデュレート)”の“SHINING”。湯上がりにマッサージしながらキャンドルを灯します。香りって空間を変えますよね。自分の体調によって香り方が全然違う。リラックスの場である家の中では、いい香りに包まれていたいです」

takiguchisan_220

草場「緑あふれるお庭があるご自宅ですね! いつも素敵だなぁとインスタを見ています」

滝口さん「そうなんです。お庭はとてもお気に入りの場所。この間、お庭にハーブを植えるのを“Forager (フォレジャー)”のChi-koさんに手伝って頂いたんです。お庭でつんだハーブを水に入れたハーブウォーターに癒やされています。組み合わせを考えて作るのではなく、その時々のよい葉っぱを選んでいます。お庭は部屋の1つが外にあるっていう感覚なんです。休日にはのんびり引きこもっています」

a
 
草場「スキンケアでもお家でも、気持ちいいものを選んでらっしゃるんですね」

滝口さん「緑や土の匂いを感じるとリラックスできるんです。私にとってはすごく大事。今回このインタビューの機会を頂いて色々ふりかえってみて、何かを選ぶ時には、直観で選んできていることを再認識しました。そして、それでいいんだなぁとも改めて思えました。ありがとうございます!」


エディター・柿本の<今日のまとめ>
「何かを選ぶ際に、自分の感覚に従って迷いなく決められる滝口さん。それも、自分というスタイルをきちんと確立している人だからこそ。滝口さんのおっしゃる通り、私も香りが生活を豊かにしてくれると思います。滝口さん&草場さんが揃って、香りを絶賛する“YONKA”のローションは、今使っているものが終わったら試してみたいもののひとつに。生活まわりのアイテムを自分が気持ちいいと感じるものだけで揃えていくことが、仕事とプライベートのバランスを保ってくれるのだと思います」

photo:加藤望  edit&text:柿本真希

 

第1回 伊藤まさこさんはこちらから

第2回 デザイナー・田部井美奈さんはこちらから

第3回 ブランディングディレクター・福田春美さんはこちらから

Profile

滝口和代

Kazuyo Takiguchi

アパレルブランド「nest Robe(ネストローブ)」のプレス。その飾らない大人で洗練された着こなしに憧れる人は多い。個人のInstagramアカウント「@takiguchikazuyo」では、仕事だけでなく日々の暮らしの様子も紹介しており、その暮らしぶりも注目されている。

草場妙子

Taeko Kusaba

1979年、熊本生まれ。2006年独立。雑誌や広告、CMなどで幅広く活躍するヘアメイクアップアーティスト。コスメ好きが高じて、インスタグラムではおすすめの美容アイテムを紹介。
http://kusabataeko.com
Instagram:https://www.instagram.com/kusabataeko/

柿本真希

Maki Kakimoto

フリーランスエディター・ライター。二児の母。様々な媒体やカタログにて、編集・執筆・連載・インタビューを担当。ニュージーランドにて母子留学を2年半。2014年秋に帰国後、エディター・ライター、ディレクターなど多岐にわたり活躍中。
http://www.makikakimoto.com
Instagram:https://www.instagram.com/makikakimoto/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ