「YAMMA (ヤンマ)」の会津木綿のタックスカート ~copse(コプス)より vol.23~

今日のひとしな
2016.07.23

←お店の紹介はコチラから

年々、ヒートアップする真夏の暑さ。今夏も暑くなりそうですね。毎日のように活躍するのが、「YAMMA」の会津木綿のタックスカートです。
 yamma1

YAMMAは、デザイナーの山崎ナナさんが2008年に始めたアパレルブランド。舞台衣装の経験を持つ山崎さんの服は、美しいドレープや、やさしいシルエットにさりげなく女性らしさが漂います。なにより、お手入れが楽なことに加え、体系や年齢を選ばず着こなせるストレスフリーなデザインで、今や大人気ブランドに成長しました。

yamma4 (1) yamma5 (1)

天然素材を使った洋服のなかでも、会津木綿はYAMMAの代名詞ともいえる存在。会津地方で長く、普段着として愛用されてきたこの素材は、蒸し暑い夏はもちろん、深い雪に閉ざされる冬も快適に過ごせるスグレモノ。厚みのある生地がすぐに汗を吸い取るから、夏はさらりと涼しく、冬は温もりを逃さず厳しい環境を乗り切ることができるのです。
 yamma3
会津木綿の中心を担ってきた原山織物工場が、6代目社長の逝去により2015年に閉業。その後、山崎さんらの尽力により「株式会社 はらっぱ」として再建し、会津木綿の文化と歴史が引き継がれることになりました。最近では新柄も登場して、ますます魅力あふれる素材として進化しています。

 yamma6
なんと洋服のタグには、縫製した方のお名前が。縫った方の存在が見えるだけで大事にしなければ、という気持ちになりますよね。
 yamma2

しかも受注会では丈の長さなど体型に合わせてサイズの変更も可能(別途料金)。その人に合った服を無駄なく届ける……作る人にも着る人にも、環境にも負担をかけない、受注体制のものづくりにも共感を覚えます。

9月1日(木)~4日(日)、インドで布作りを手がけるCALICOとYAMMAのコラボイベント「ワーペンウエフト2016 in 石神井公園」では、「コプス」にて受注会をさせていただく予定です。ぜひお出かけくださいね。


会津木綿タックスカート 15,000円~(税抜)

copse(コプス)

器や日常着など、衣食住を提案する雑貨店。連載コラム執筆は、店主の小森知佳さん。
東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
TEL:03-6913-1544
E-mail:info@copse.biz
営業時間:11:30~17:30
定休日:月~水曜(企画展中は無休)
http://www.copse.biz

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ