バッグなしでもお出かけできる 「ビームス ライツ」のマルチポケットコート

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2016.08.16

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。 

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

「ビームス ライツ」は、2007年に「ビームス」のオリジナルに特化したレーベルとしてスタート。“旅”をキーワードに、おしゃれで機能的なアイテムが充実しています。今回ピックアップするのは、涼しい旅先や、これからやってくる秋の行楽シーズンにも活躍しそうなフードつきコートです。

otona_MG_7819

「ビームス ライツ」マルチポケット フードコート¥32,000

※商品の価格は2016年8月現在のもので、表示は税抜きです。

さりげないアウトドアテイストが上品なカーキのコートは、あらゆるアイテムと相性がよさそう……なだけじゃないんです! 前ボタンを開けると、

otona_MG_7845

ファスナーや面テープつき、スラッシュポケットなど「ポケット図鑑か!?」と思ってしまうほどの多種多様なポケットが。

向かって右側にある大きなファスナーを開けてみましょう。

otona_MG_7851

単なる大きめのポケット、ではありませんでした。なんと、内側にはさらに、メッシュポケットとパッチ(貼りつけ)ポケットが隠れていたんです。絶対になくしたくなくて、出し入れ頻度が少ない鍵やカードケース、パスポート、エアチケットなどは、ここに収納すればうっかり落とす心配もありません。

ひとつ、ふたつ、みっつ……と表と裏についているポケットの数を数えると、全部で11個もありました! 旅行中ならお財布やスマートフォンのほか、大判の地図や小さめのおみやげまで入っちゃいそうな勢い。荷物が増えそうなときは、ポケッタブルバッグを忍ばせておくという手も。

ほかにも、フードが取りはずせたり、

otona_MG_7825

脱ぎ着しやすいダブルジップだったり、

otona_MG_7841

裾は、コクーン型にシルエットが変えられるドローストリング仕様だったり、

otona_MG_7839

至れり尽くせりの機能が網羅されています。撥水加工が施されたタフタ素材なので、雨や汚れをはじき、シワになりにくいというのも嬉しいところ。

袖の裏地もストライプ柄でぬかりなし。

otona_MG_7832

ロールアップしたときにアクセントになるという、女心をくすぐるディテールです。

「多機能というのは大前提ですが、アウトドアっぽくなりすぎないおしゃれ感も大切にしています」とは商品企画/バイヤーの安達あゆ実さん。

「カーキの中でもモカに近いトーンにして、大人っぽくはおれるような色味にしました」

確かに、どちらかというとスポーティなアイテムなのにきれいめな服ともコーディネートしやすそう。

「このコートを作るきっかけになったアイテムなどはあるのですか?」という質問にお答えくださったのが、プレスの石川奈美さん。

「もともと、この写真のようなメンズで展開していたトラベルジャケットが大人気だったんです」

otonaメンズトラベルジャケット

※現在は発売していません。

「この多機能ポケットつきジャケットは、おかげさまで売れ行きが好調でして。もしかしたら、女性もこのようなアイテムを求めていらっしゃる方が多いのかもしれない、と考えて作ったのが、この“マルチポケット フードコート”でした」

春夏の新作として今年の2月に発売されるとじわじわと売れ続け、定番として昇格。秋冬には、バージョンアップしたパッカブルタイプも発売することが決定したのだそう。

旅行やフェスのほか、日常着としてもなじんでくれるのが優秀なところ。犬のお散歩や自転車に乗るときにもいい感じ。一着持っていれば、あなたの思い出ページにたくさん登場してくれることでしょう。

ビームス ライツ 渋谷

TEL 03-5464-3580

ビームス オンライン ショップ http://shop.beams.co.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ