冬こそebagos!

【ブログ】 流行の向こう側
2016.01.21

寒晴れの東京から、こんにちは。「暮らしとおしゃれ編集部」編集人のウメダです。本日、21日は大寒だそうですね。1年でいちばん寒い日、皆さまはいかがお過ごしですか? 

 

この寒ーい時期限定で、毎年、必ずクロゼットから引っ張りだすアイテムがあります。それが「ebagos」のバッグ。「ebagos」といえば、かごバッグが有名ですが、私の中ではなぜか冬に活躍するイメージ。恐らくその理由は、このブランドならではのオリジナルテキスタイルに惹かれるから!

 

s-20160121_写真 1

たとえば、こちらは数年前に買ったシェニール織のバッグ。展示会でこの繊細な織柄にすっかり魅力されてしまいました。日ごろ、フェミニンなものを身に着けないのですが、ふわふわの手ざわりも相まって、この生地が忘れられず……。

 

s-20160121_写真 6

 

今年は「nooy」のライトグレーのコートに合わせています。冬は暗い色のアウターが増えるので、たまにはこんな明るいコーディネートも気分が上がってよいのでは!(←自画自賛・笑)

 

 

s-20160121_写真 8

こちらは、レザーとブランケット生地をコンビで使ったトートバッグです。セーターもパンツもベーシックな色&形なので、バッグのフリンジでちょっとパンチを効かせています。

 

 

s-20160121_写真 7

綿ビロードの赤いバッグは、モノトーンの上下のアクセントに。こうしてみると、私の服はどれも地味目ですね。ここに真面目なバッグを合わせてしまうと、ちょっと物足りない! そんなときに「ebagos」の力を借りているような気がします。

 

本日、ご紹介したバッグは、どれも数年前に買ったもの。でも、毎年この時期になると「アレを持ちたい!」と思わせてくれる不思議な力があります。そして、そのたびにファッションの<流行>について考えます。おしゃれに<新鮮さ>や<ワクワク感>はつきものですし、ベーシック好きな私でも、ずーっと同じ服だけというワードローブではないわけで、毎シーズンその時期ならではの<旬>を探しています。でも「ebagos」のバッグは、いわゆる<流行>の波をポーンと飛び越えて、ほかにはない景色を見せてくれます。その景色は、何年たっても色あせることがありません。もしかしたら、そういうものをオリジナルというのかな。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ