「chiclin(チクリン)」のオリジナルシューズ ~sahanji+(サハンジプラス)より vol.13~

今日のひとしな
2016.10.13

きのうご紹介した「チクリン」では、オリジナルのプレーントゥシューズも展開しています。このシューズは、女性の靴では珍しい、主に高級紳士靴の製造工程で取り入れられている、グットイヤーウェルト製法という作り方で作られます。職人さんの腕が試される、とても手間が掛かる作り方なのだそうですが、その分とても丈夫で長持ちするのだとか。

s-0000
形はやや丸みがあるベーシックなプレーントゥ型。オーソドックスでメンズライクな印象ですが、イギリスの正統派の女学生が制服に合わせて履いていそうな雰囲気もあります。

「チクリン」のパンツやワンピースにもとてもよく似合うので、「チクリン」のお洋服が好きなお客さまには、きっと気に入ってもらえるのではと思います。

s-0001
 履いてみた感じは、足全体が包み込まれるような、靴が足に吸いつくような履き心地。甲の部分全体が覆われるので、足と靴がピタッと一体になっている感じ、歩いていてもずっとその感覚です。

Processed with VSCO with f2 preset
私のオーダーした靴。サンプルを試し履きさせてもらったときに、くるぶし部分が当たってしまって痛かったので、少し下げて作ってもらいました。とても快適。服と違って、足の形は千差万別、なかなか自分の足にピタッとくる靴を探し当てるのは容易ではありませんよね。

s-0003
メンテナンスをしながら、長く履いていただける「チクリン」のオリジナルシューズ。普段は東京・尾山台にある「チクリンアトリエショップ」のみの販売ですが、「サハンジプラス」では展示会の際にサンプルをお試し頂けます。浅草の腕のよい職人さんが手縫いで丁寧に仕上げる、「チクリン」の奥村さんこだわりの一足を、どうぞお試しください。

「チクリン」オリジナルプレーントゥシューズ ¥56,000(税抜)

 

←お店の紹介はこちらから

sahanji+(サハンジプラス)

2006年、お祖母様の暮らしていた一軒家を改装してオープン。器、道具、服など衣食住にまつわるものや、暮らしになじむオブジェなどが並ぶ。連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の河村奈穂さん。

静岡県静岡市清水区堂林2-9-5
TEL:054-353-1155
営業時間:13:00~17:00
不定休
http://www4.tokai.or.jp/sahanji-plus/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ