歳を取ってからの美しいメイクって? vol.2

大人になったら、着たい服
2016.11.01

「若いころからずっと同じメイク。年齢に合わせてどう変えればいいの?」

ヘアメイクアップアーティスト・大谷亮治さんに、大人のナチュラルメイクのコツを教えていただきました。

vol.1はこちら

otona_B3P2409

ファンデーションは、ごく薄く。年齢を隠そうとして厚塗りをすると、シワが深く見え、逆に不自然になります。チークもリップも肌の色をよく見せる程度に。ただし、大谷さんが「ここだけは手を抜かないで」というのは、ビューラーとマスカラ使いです。

「アイシャドウは塗らなくても、ビューラーでまつげをきちんと上げてマスカラで仕上げれば、目元がくっきりします。ナチュラルメイクでも老け顔になりません」

大谷さんが提案するのは、アンチエイジング的メイクではありませんでした。年齢を受け入れ、自分の「今」をポジティブにとらえること。自分との向き合い方を変えることが、年齢を上手に生かすメイクの第一歩なのかもしれません。

photo:中川正子 text:一田憲子

大人になったら、着たい服 2016春夏』より抜粋

Profile

大谷亮治

Ryoji Otani

理容専門学校を卒業後、ヘアメイクのアシスタントを経て独立。ニューヨークに3年間滞在し経験を積む。帰国後は、さまざまな広告、雑誌などで活躍。その人らしさを引き出すメイクに定評がある。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ