「bunai(ブナイ)」の刺繍バッグ ~フーコより vol.22~

今日のひとしな
2016.11.22

フォークロアのバッグは刺繍やキルトのリメイクものなど幾つか持っているが、ここまで細かい刺繍のバッグに出会ったのは初めてのことである。もともと帽子だというその丸くてころんとしたフォルムにも心が惹かれた。ミラーワークのように見える丸くブランケットステッチでかがられた水玉のようなステッチの感じがとても素敵で糸の色の組み合わせといい、ステッチづかいといい、素敵なバッグとの出会いとなった。

s-0000

一体どれくらいの時間がかかって刺繍しているのだろうと想像してしまう。インドではまだ手仕事が盛んに行われており、手紡ぎ手織りの生地などでお馴染みのカディコットンもさることながら、刺繍の技術もすごい。以前bunaiの社長に刺繍のストールを見せてもらったが、あまりの細かさに一瞬プリントかと思うほど精細な刺繍だった。熟練の職人さんが脈々と伝統文化を守るためにそして現代の生活にも通づるように技を磨いているのだろう。

s-0001

帽子を二つあわせたバッグ、持ち手はレザーのショルダータイプで肩掛けができる。巾着袋が中に備え付けられており、取り外しも可能である。それぞれ糸色の使い方が独特で、ハレの日のお帽子だったのだろうと想像させられる。ヴィンテージの素材だが、状態は良好でとても美しい。色の組み合わせがそれぞれ違うので好みのお色を見つけていただけたら嬉しい。

s-0002

s-0003

これから年末にかけて何かとパーティーやお出かけの機会も増えていくだろう。そんなときのコーディネートに小さいながらも程よい存在感、華を添えるぴったりのバッグだと思う。

バッグ ¥24,000+tax
オンラインショップでもお取り扱いしております。

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

http://fu-koshop.com/

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ