服とのよい出会い、よい別れ Vol.2  ルノンキュル 木村牧子さん

オシャレの塩梅
2016.11.15

 kimuraDSC_0042-2A

コート・・・15年ほど前の「JOHNBULL」ゴワゴワ生地、
大きなドーナツボタン、大きなポケット、すべてパーフェクト。
Vネックニット・・・おととしのユニクロカシミヤコットン。
白だけど洗えるので案外持ちます。
デニム・・・20年ほど前ロスで購入。単なる大きめジーンズが、
今はイケてる「ボーイフレンドデニム」に(笑)

Vol.1はこちらから

 

3.コストパフォーマンスを見極める

 服そのものは長く使えても、手がかかりすぎたりや
収納スペースがないなど、維持するのが大変だと
ストレスに。問題は価格だけではありません。

 

買ったあとかかる時間と費用と手間に対して、
着る回数はどれだけか、1回あたりのコストを
ちゃんと決めておくことも大事です。

どこにしまったかわからないとか、
いざというときに出てこない、すぐに着られない服は
もう手に余っているものですから、迷わずに手放しましょう。

私は手元にすべての服がすぐ着られる状態にないと困るので、
クリーニングも衣替えもしない主義です。
洗えること、アイロンが簡単なことが条件になります。
相性が良ければとても長いおつきあいをします。
そのかわりそれ以外のものは溜め込まずに捨てることにしています。

 

 

4.体型をキープする

体形が変わって着られなく(似合わなく)なるのは悲しいこと。
嬉しい体型の変化なら諦めもつくけど、
望まぬ方向へ変化したのであれば、ダブルの損失。

 太ってしまった場合はその後、
着やせ目的で服を選ぶ羽目にもなります。
マイナスを隠すのが目的の服選びは、
例え気になるパーツはうまく隠せたとしても
(着やせに関しては間違った説がとても多い)、
おしゃれとしては失敗に終わります。

服選びはプラスを全面に出すか、
楽しいことのが第一の目的でなければ。

リラックスと惰性は違います。
体形を保つ意識を持っておくことは、
健康にもお財布にもいいことです。
一生ベスト体重をキープすると心に誓いましょう。

 

服選びは恋愛に似ていると思いませんか。
この先もずっと着るだろうなって思う服、
1シーズンだけ着れば思い残すことはない服。
そんなに気に入ったわけでもないのに、
いつも手に取ってしまう服。

いい出会いといいお別れをするために、
自分の傾向と対策しっかりと知っておきましょう。

Profile

木村牧子

Kimura Makiko

「ルノンキュル」主催。関西学院大学卒業後、全日本空輸㈱で国際線CAとして勤務。退職後に転身し、子供の頃から夢だったデザインの道に進む。10数年間グラフィックデザイナー、テキスタイルデザイナーとして色や素材に関わる中で、「装い」や「色」が人の生きるパワーや自信と深く関わることに強く興味を引かれる。色彩学、心理学を学ぶうちに、「見た目」を通して人の内面、生き方を前向きに元気にさせる仕事をしたいと思うようになり、パーソナルスタイリング、イメージコンサルティング、パーソナルプロデュースの仕事を開始。現在は平日はデザイナー、週末はイメージコンサルタントとして活躍中。http://www.renoncule.net

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ