大人のおしゃれアーカイブ バッグデザイナー・林ヒロ子さん  vol.2

大人になったら、着たい服
2016.01.22

服が似合わないのは

自分のせいだと思っています

 

20代後半からはパリコレにも出演。ヒロ子さんは、たとえば「シャネル」のショーなら、その前日はココ・シャネルの気持ちになりきって過ごしていたそう。

「ココ・シャネルってこんな音楽を聴いていたかな? と、心から入っていく努力をするんです。すると、目線の使い方とか、手の動かし方が変わってくるんですよね」

otona_B3P0645

「私はきっと、人の3倍ぐらいの洋服を着ていると思います。おしゃれのセンスは、着た経験によって磨かれます。袖を通すことによって、体が洋服に内在する何かを吸収するような気がしますね」

では、それほど多くの服を着る機会がない私たちは、どうやってセンスを磨けばいいのでしょう?

「私ね、服が似合わないっていうのは、自分のせいだと思っているんです。似合わなくても、何かを変えればきっと似合うようになる。髪型を変えるとか、靴をハイヒールにするとか、裏返しに着ちゃうとか(笑)。必要なのは、自分が洋服に歩み寄る努力ですよね」と教えてくれました。

40代半ばまでモデルとして活躍。若い人がどんどん出てくる中、歳を重ねることへの不安はなかったのでしょうか?

「もちろん、だんだん仕事は減っていきます。でも、『この人じゃなくちゃ着られないよね』という仕事があるんです。だから、続けられたのかもしれませんね。私は、歳を重ねるって、何かを“はずしていく”ことだと思っています。こだわりを手放せば、軽やかになって、雑念が減って、迷いがなくなります。『若返る』って自分を否定することでしょう? そうじゃなくて、年相応でいい。ジタバタしなくていいんだと思うんですよね」とヒロ子さん。

 

vol.3はこちらから

『大人になったら、着たい服 '15-'16秋冬』より

photo: 中川正子 text: 一田憲子 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ