「考える師走」~おしゃれ暦vol.21~師走

おしゃれさんコーディネート
2016.12.10

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第20回目です。あっ!という間に“師も走る”12月です。なにかと慌しい月ではありますが、お出かけの予定も多く、おしゃれに気合いが入るときでもあるのではないでしょうか。着るものが多くなるこの時季は、おしゃれを“考えて”“組み立てる”。ハッとするコーディネートに仕上がったら、北風の中でも足取りは軽やかになるかもしれません!

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

我が家は、僕以外全員ピアノを弾く。

発表会ともなると、ピアノ漬けの日々だ。

子供は、楽譜を追うことにやや夢中になりがちだが、

大人になると、そうでもないようだ。

その曲を聴きこんで、自分なりに解釈して練習する。

好きなピアニストの曲を聴きまくり、時にはその個性を取り入れたりする。

音の強弱や間のとり方、弾くスピード。

いろいろ試して、一番今の自分にしっくりくるところを探っている。

とっても楽しそうだ。

洋服のコーディネートもそうすればいいのに、、

ピアノの楽曲が同じでも、弾くピアニストによって別なものに聞こえるように、

洋服も、どう組み合わせて着るかで、そのもの自体が別物に見えたりもする。

現在、アナベルでご紹介しているスタイリングはすべて、

僕のスタイリングにおける癖と言える思考が随所にちりばめられている。

 

s-IMG_7518

 

イギリスのワークブランドが作る、バリバリした丈夫そうなセーター。

「逆にスカートで合わせて柔らかさを出す」

という考えもあるが、あまりの本格志向とネックの形から、そうはしないことにする。

 

s-IMG_7513

 

アナベルではおなじみの、加工の入ったチノパンを選ぶ。

色は、いい具合にワーク感を削ぐホワイトに決定。

 

s-IMG_7523

 

靴はヒールを履いてもらおうか、Tストラップで女性らしさを出すか、

少し悩んだ末、ここも素直にメンズライクを選択。

ソックスは、パンツの色と靴の色、そしてスタイリングイメージに合ったものを選ぶ。

ソックスで遊ぶことも考えたが、今回は無地で最も無難なチャコールを選択。

靴下は、あとで変えるかもしれない。

 

s-IMG_7490

 

ここから、小物使いで女性らしさを少し足していく。

 

s-IMG_7500

 

ヨハンナの鞄は少し中性的な印象で、こういったスタイリングにはもってこい。

急に女性らしく偏りすぎず、しっかりと華もある。

 

s-IMG_7496

 

腕に軽くひっかけられるデザインもポイントだ。

 

s-IMG_7225

 

ストールは選択肢が多く迷うところだが、この時点ではっきり方向が定まる。

「メンズライクでシックな女性らしさ」をイメージする。

だから、色数は増やさないように、この色合いに。

 

s-IMG_7219

 

ストールをどう使うかも重要だ。

首元にボリュームをつけて巻くと、このスタイリングの場合、メンズっぽさが勝る。

最も女性らしい使い方を選択。

 

s-IMG_7227

s-IMG_7228

 

このセーターの特性であるハンドウォーマーを生かし、

親指をホールから出して手袋風に使ってみる。

女性らしさが増してきた。

 

s-IMG_7249

 

ここでどんなコートを着るか?

もっとも重要なポイントだろう。

僕の思考はこんな感じ。

「ピーコートやダッフルは似合うだろうが、直球だし、メンズっぽすぎて嫌だ」

「コクーンやカシュクールコートは逆をいって意外性はあるが、女性らしすぎる」

 

s-IMG_7268

 

その中間を狙って選んだコートがこれ。

 

s-IMG_7285

 

メンズライクでシックな、女性用のコート。

 

s-IMG_7274

 

ストールは、どんな洋服の上に使うかで巻き方を変えるといい。

 

s-IMG_7294

 

コートの釦を一番上まで留めて防寒した時、、、

 

s-IMG_7295

s-IMG_7296

s-IMG_7297

s-IMG_7298

s-IMG_7299

s-IMG_7303

s-IMG_7308

s-IMG_7312

 

首元をすっぽり覆い隠す大判のウールストールは、真冬には頼もしい。

 

s-IMG_7328

 

今年こそゆったりとした気分で年末を迎えたい。

焦るな、師走。

やるべきことをひとつひとつ、丁寧に考えてみよう。

 

 

セーター:Yarmo ¥23,000tax

ボトムス:ARTEPORVERA ¥19,000tax

ソックス:evam eva ¥2,100tax

シューズ:R.U. ¥46,000tax

コート:susuri ¥52,000tax

ストール:SOIL ¥13,000tax

バッグ:johanna Gulichsen ¥12,000tax

 

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 045-482-4026

営業時間:11:0020:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ