「SCORPIOSOCKS(スコーピオソックス)」の「RIGEL(リゲル)」 ~「OEUVRE(ウーヴル)」より vol.14~

今日のひとしな
2016.12.14


冬もそろそろ本番。先日ご紹介させて頂いた 「SCORPIOSOCKS」から、この季節限定のソックスが出来上がってきました。

_DSC0002
まるでニットの袖口のような編み目がお気に入りの「RIGEL」。寒い国に住む人々の、ファッション性だけでなく機能性を重視した防寒具を感じさせるかっこよさが宿っているように思えます。

_DSC0290

それは、先日ご紹介した「ANTARES」と同じリサイクルコットンの糸を使用しながらも、糸のとり方(本数)、編み方が違うことと、リサイクルコットンの特徴や肌触りをより実感してもらうためにイギリス・ベントレー社製の登山用編み機で、ゆっくりゆっくりと編まれていることからできあがる雰囲気。

リサイクルコットンは、落ち綿を再利用し環境に配慮された素材ですが、今回は純粋に機能性を求めて向き合った結果、行き着いた素材なのです。

_DSC0172-1
今回もまた、まっすぐにものづくりを続けるHALISON社のしごとが伝わってきます。改めて“ソックスは編み物である”ということを感じさせてくれるローゲージは、厚手でざっくりとしていて、履いた姿も甘過ぎないルーズさがなんとも良いのです。

_DSC0010-1-3
また、甘撚りの糸で編んでいくことによるふんわりとした風合いは、コットンであるということを忘れてしまうほど! まるで上質なウールのよう(本当に不思議!)

_DSC0292-2

「ANTARES」では吸湿性として現れたリサイクルコットンの長所が、「RIGEL」では保温性・保湿性として現れており、この寒ーい季節の外出時だけでなく室内用のソックスとしてお使い頂くのもおすすめ。

このふかっとした肌触りの「RIGEL」を手にすると、暖かい情景がそこに浮かんできそうです。

 

←お店の紹介はこちらから

OEUVRE(ウーヴル)

国内外の雑貨や日用品、服、アクセサリーなどが並ぶセレクトショップ。連載「今日のひとしな」の執筆は店主の牟田絢加さん。

福岡県久留米市野中町1270
TEL:0942-33-0107
営業時間:12:00~17:00
休:月曜+不定休(2017年から変更予定。営業日はブログとインスタグラムで確認を)
https://oeuvre.stores.jp
http://store.persica.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ