板倉直子さんのデイリースタイル【12月編】 #2 冬のスカートコーデ

おしゃれさんコーディネート
2016.12.25

『大人になったら、着たい服』で人気の板倉直子さん(セレクトショップ「ダジャ」ディレクター)の日々のおしゃれをご紹介するマンスリー連載【12月編】第2回です。いよいよ本格的な冬がやってきましたね~。「寒い、寒い」とつい、パンツばかりに手が伸びますが、スカートだから楽しめる冬のおしゃれもお忘れなく! というわけで今回は、板倉さん流、冬の日のスカートコーデをご紹介します。

 

s-20161126_20

寒い時季ならではの素材といえば、ツイードではないでしょうか。メンズのスーツなどにも使われますね。「ミッシェル・ボードアン」のこちらのスカートは、英国ムーン社の伝統的なツイード生地を使ったもの。タック入りで、裾に向かって美しいシルエットを描きます。トップスには黒のハイゲージニットを合わせて、スカートの量感を生かしました。ストールのボルドー、ニットのブラック、スカートのブラウン、こっくりとした色同士の組み合わせで、色でも冬らしさを意識してみました。

 

s-20161121_15

「ハーレーオブスコットランド」のシェットランドセーターと「ミッシェル・ボードアン」のウールスカートで、ブラウン×ネイビーのコーディネートに。タイツと靴もブラウンで統一して、すっきりとまとめました。ベーシックな色同士の組み合わせがかえって新鮮に感じます。「ダジャ」ではお洋服だけでなく、タイツやソックスも取り扱っているのですが、それはあたたかなウールタイツとスカートのコーディネートをぜひ、お客様にも楽しんでいただきたいからなんです。

 

s-20161114_11

上の写真と同じシェットランドセーターに、「メゾン ド ソイル」のスカートを合わせた日。分量たっぷりのギャザースカートは、インドの手織りのカディコットンで、夏に購入したものです。厚手のニットに合わせたら、また違う表情になりました。襟元のファーは前後を逆にしてつけています。スカートが薄手のぶん、足元はブーツをチョイス。

 

s-20161106_05

もう1枚、私にとっての冬の定番スカートといえば、キルトスカートです。ラムズウールの最高峰といわれるジーロンラムのタートルニットと、こちらの「オニール オブ ダブリン」のキルトスカートはどちらも20年選手。これからも大切に着続けていくマイベーシックアイテムです。タートルとタイツは、スカートの中の1色をとってネイビーで揃えました。

 

板倉さんの冬のスカートコーデ、いかがでしたか? 温かくて動きやすいパンツスタイルもいいけれど、やはりスカートをはくと、エレガントな気分になれるような気がします。温かいタイツやブーツを合わせて、ぜひ楽しんでみてくださいね。さて、年内の板倉さんの登場は今回で最後。年明けからは、新たな形で板倉流おしゃれのポイントを紹介していただく予定です。来年も、どうぞお楽しみに!

 

Daja(ダジャ)
島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F

http://allo-daja.com
10:30~19:30
定休日:火曜日

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ