スポーティすぎない大人感 「マスター&コー」のデイバッグ

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2017.01.19

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。

 photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

日本の技術にこだわりながら、今のエッセンスを反映させたベーシックスタイルを提案する「MASTER & Co. (マスター&コー)」。10年前のデビュー以来、さまざまな分野の職人技術が注ぎ込まれた、こだわりのあるスタンダードアイテムを提案しています。ベルトやチノパンに始まり、徐々にアイテム数を増やしていくなかで、2011年に誕生したのが、このデイバッグでした。

otona_MG_6793

「マスター&コー」60×40クロス デイバッグ 各¥15,800

※商品の価格は2017年1月現在のもので、表示は税抜きです。

このカラーバリエは、「マスター&コー」で人気の定番アイテムであるチノパンと同じだそうで、どれにするか迷ってしまうほど合わせやすそうな色ばかり!

「私も選びきれなくて3色持っていますが、まんべんなく活躍してくれています」と教えてくださったのは、プレスの三浦理恵子さん。洗練されたデイバッグは、日常使いにぴったり。

otona_MG_6842

底やスライダー部分に使われている上質なスウェード素材のおかげで、スポーティすぎない大人っぽさが漂います。

一番のこだわりは、通称“ロクヨンクロス”と呼ばれる素材。

otona_MG_6805

60%のコットンと40%のナイロンで織られた生地は、摩擦に強いほか、通気性のよさや撥水性、軽量さなどのすぐれポイントがたくさん!

「この機能的なアウトドア素材は、1960年代に開発され、アメカジブームで一気に広まりました。メンズのファッション業界では認知度が高い生地なんですよね」

ほかにもアウトドア要素が散りばめられていて、ブランド名が刻印された真鍮のカラビナが付いていたり、

otona_MG_6797

底にもピッケルホルダーが施されていたりします。

otona_MG_6810

また、硬めの背中パットをつけないことで、絶妙なくたっと感と軽量化を図っているのだとか。

otona_MG_6837

「この4~5年は、メンズものを取り入れたいという女性が増えてきた流れもあり、きれいめな服のはずし役として、また旦那さんと共用したいなど、使ってくださる方の幅が増えてきました」とは、セールススタッフの樋口麗香さん。「休日用、通勤、犬の散歩、ヨガへ行くときなど、さまざまなシーンで愛用していただいているのがうれしいですね」。樋口さんのおすすめは、ショルダーを長めにしたラフな持ち方。

otona_MG_6819

ちょっとした工夫で、絶妙なこなれ感が出るのですね!

 多少の仕様変更はありつつも、初期からこの佇まいをキープし続けている「マスター&コー」のデイバッグ。そんな“変わらないよさ”が、信頼と安心感につながっているのでしょう。

マッハ55リミテッド (マスター&コー)

TEL  03-5413-5530

公式サイト http://www.mach55.com/designer/masterandco/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ