卒業式・入学式も、自分らしいフォーマル服で

おしゃれさんコーディネート
2017.02.19

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.3 春の着こなし

2月に入ると、お店には卒園卒業、入学式用のアイテムを探す方が多くいらっしゃいます。そこで「Ecru et pousse」らしいコーデの提案をし、気に入って頂けたり、参考にしてもらえたりすると、私も嬉しくなります。
 
普段着にもフォーマルにも使えるワンピースやジャケット、小物があると、着こなしの幅がアップしますよね。

そこで今回は そんなアイテムを使ったコーデと、実際に私が娘たちの卒業・入学式に参列したときに着たコーデをご紹介しますね。

・・・・・・・・・・
web写真1a
まずは新入荷アイテム、「ミナ ペルホネン」の柄物のワンピースと「R&D.M.Co-」のジャケットの組み合わせ。私もよく合わせるコーディネートの1つで、ワンピースの柄の分量を、無地のアイテムで抑えてあげるスタイルです。

web写真2
ネイビーのジャケットには、大きめの可愛らしい「ミナ ペルホネン」のコサージュを選びました。折り返した袖の白と合っていて、良い感じ。

web写真3
髪はすっきりとまとめて。

web写真4
ジャケットを脱いだら、個性的なデザインのワンピース。もちろん普段使いにも、サラリと着て欲しいです。アクセサリーにインパクトのあるコサージュや、2連パールのネックレスを選んだら、入学式にも良さそうですね。

バッグも「ミナ ペルホネン」。「forest parade」というレースがあしらわれたクッペバッグを、紐を短く結んで持ちました。カメラとハンカチは忘れずに。

web写真6
ピンタックがたっぷりの表情豊かなワンピースは、後ろ下がりで燕尾服の様でしょ。「KURI BOTELLA(クリ ボテラ)」のタイツは、UROKO柄のレースがキレイ目に見えて、足元も冷えません。入学式なら、ベージュ系など、明るめのカラーを選ぶと良いですね。

web写真5
耳元には、ワンピースの柄に似た、大粒のビーズのイヤリングを。「Niki.du.poulain(ニキ ドゥ プーラン)」のもので、普段アクセサリーを付けない方にも、このくらいのさりげないイヤリングは取り入れやすそう。

・・・・・・・・・・

ここからは、私が実際に娘たちの式典に参列した際のコーディネートを、再現してご紹介しますね。

数年前の卒業式には、「ミナ ペルホネン」のワンピースに大きめコサージュで参列しました。

web写真7
刺繍がフォーマル感を出してくれるので、このワンピースは大切なシーンで大活躍しています。バッグは、「ミナ ペルホネン」の「tambourine」という柄のエッグバッグを選んでみました。

web写真8
足元は、先ほどと同じく「クリ ボテラ」のUROKO柄レースタイツ。少しヒールのある靴も、気持ちが引き締まります。

web写真9
昼と夜の気温差が激しい春。スプリングコートやショールのご用意を。

・・・・・・・・・・

最後は、昨年参列した入学式コーデをご紹介します。
web写真13
入学式は、卒園・卒業式に比べて明るめのカラーコーディネートが良さそう。ピンクベージュのニットジャケットとワンピースの刺繍の色を合わせました。

web写真10
足元も同系色でまとめたくて、「クリ ボテラ」のベージュのリブニーハイソックスを。靴は少しヒールのあるストラップシューズにしてみました。

バッグは20代の頃購入した「JAMIN PUECH(ジャマン ピュエッシュ)」のキラキラバッグ。ブレスレットは「semeno(セメノ)」を愛用。

web写真12
アクセサリーは小ぶりでも存在感のあるものを選びました。「Niki.du.poulain」のパールネックレスと、胸元には「ensemble(アンサンブル)」のスミレのコサージュが華を添えてくれます。

web写真14
髪型はシンプルにまとめて。

web写真15
普段使いのできる 特別な日常着。「ミナ ペルホネン」のワンピースは、大切なシーンでも大活躍してくれます。春を待ちわび、気持ちも凛となるコーディネートを楽しみましょう。
 
・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。
web今週の一枚
「去年の卒業式後の一コマ。
Ecru et pousse松村由紀さんの娘さん達と
撮影を通して、一緒に走り一緒に笑い
家族の様な時間を過ごせました。
思い出のお手伝いができ僕も楽しかったです」


撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

「minä perhonen」「R&D.M.Co-」「mature ha.」「Gauze#」「Niki.du.poulain」などのアイテムをセレクト。連載「おしゃれさんのコーディネート」の執筆は店主の松村由紀さん、撮影は「atelier graine」の穴見春樹さん。

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ