驚くほど履き心地がよくて、おしゃれ度もUPする「ピコリノス」の靴

sponsored
2017.03.18

靴店で買い物をするとき、店員さんに「革は伸びるので、いま足が当たっていてもだんだん足の形になじんできますよ~」と言われたことありませんか?

そう、靴の革って最初はかたく感じること多いですよね。じつはそれ、当たり前のことで、最初からほどよい質感&やわらかさに仕上げるのって、とってもたいへんなことなのだそう。ところが……

なんと、ありました! 試し履きのときからもう、足にやわらかーくフィットする靴に出会える場所が。

img_04

それが、こちらの「PIKOLINOS(ピコリノス)」神戸店。履き心地のいいメンズ、レディースの靴がズラリと並んでいます。img_03

img_07

「ピコリノス」は1984年にスペインでスタートしたシューズブランドで、パリやローマなど世界中で大人気。いまでは65か国以上で愛用されています。日本ではまだ知る人ぞ知るブランドですが、世界ではかなり“キテる”ブランドなのです。

……とはいえ、みなさん正直こう思いませんでした? 「履き心地を追求した靴って、見た目はイマイチなんじゃないの?」

わかりますわかります、そのお気持ち。そう思った方はぜひ、こちらをご覧ください~。

 

P2020010a
左から18500円、19000円、19500円、18500円、18500円(すべて税抜)/PIKOLINOS(ピコリノス)

ほら、こーんなに素敵なデザインなんです。シンプルな着こなしにも、しっくりなじんでくれそうですよね。

今度は、逆に「ホントに履きやすいの?」というイジワルな質問が飛んできそうですが(笑)、そこはご安心を。その履き心地を「暮らしとおしゃれの編集室」スタッフが体験済みデス。

P2020096-2
こちらのサンダルを履いてみたスタッフが、思わず口走ったのが……

「わあ、気持ちいい~!」

靴の感想としては、なんだか不思議なコメントのように聞こえますよね。でもそれには、ちゃんと理由があったんです。インソールが驚くほどふわふわで足裏にフィットするだけでなく、アッパー部分もとてもやわらかなので足を包んでくれるような履き心地。じつは、さきほどのスタッフの言葉、「ピコリノス」の靴を試し履きした人はみんな、思わず口にしてしまうのだそう。

P2020120-2
ベルト部分はマジックテープになっていて、脱ぎ履きもラクチン。

webP2020233
さらに、アッパーとソールのつなぎ目に注目! 通常、ここの部分は接着剤でくっつけるのですが、「ピコリノス」では、職人さんが一針一針、手で縫い合わせています。これにより靴の可動性が上がって、ぐんと歩きやすくなるのです。

webIMG_0421
こちらは工場の様子。本当に丁寧な仕事っぷりです。職人さんたちは、スペイン語で愛情という意味の「カリーニョ」を合言葉に、心を込めて一足一足作り上げています。

webMG_4364
「ピコリノス」の靴の革がここまでやわらかいのは、上質な牛革を、すべて自社工場で極力化学物質を使わずに製造しているから。革をやわらかくする工程でも、染める工程でも、余計な溶剤は使わないのです。時間と手間はかかりますが、それがこだわり!

web4CBV6565 re
革本来の風合いを保つためには、少なくとも2日間は自然の風にあてて乾かす必要があるそう(エアコンの風にあたってしまうのは絶対NG!)。

webVA BENE 10
仕上げにはミツロウを吹きつけて、この機械で丁寧にブラッシング。ミツロウは、革のやわらかさをキープしてくれる栄養剤的な役割もあるのだとか。さらにブラッシングすることで、美しい光沢が生まれ、汚れもつきにくくなるというおまけつきです。

P2020025a
さて、お次はヒールのあるサンダルを試し履き。

P2020079a
「わーー! こんなにヒールが高いのに、走ってもぜんぜん痛くないですよ~」と、走り回るスタッフ(笑)。

さすが、低反発インソールを使用した先駆けブランドですね。ゆったりした足型なのに、安定感は抜群です。

webP2020169
webP2020184
また、編み込みやパンチングがぜいたくに施されているのも、魅力のひとつ。これらは創業当初からの技術&デザインで、いまも職人さんたちに受け継がれている「ピコリノス・スタイル」です。

webP2020189
こちらの靴は、アッパーとソールを縫い合わせたあとひっくり返すことで、つなぎ目が袋状になっています。手芸本でよく「中表で周りを縫い、表に返す」という作り方を見ますよね。まさに、それです! この製法で作られた靴は、さらに“足全体が包まれている感”たっぷり。やわらかな綿に足をつっこんだような感覚です。

……うーむ、聞けば聞くほど、魅力があふれる「ピコリノス」。神戸に行ったら、ぜひお店に行って、履いてみてくださいね。きっと「わあ、気持ちいい~」と叫んでしまうはずですよ!

PIKOLINOS Kobe(ピコリノス神戸店)

神戸市中央区三宮町1丁目8-1 さんプラザ1F 146
TEL:078-332-3610
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休(年始を除く)
http://www.qrc-pikolinos.com

img_08

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ