イラストレーターmitsouさん 刺繍入りのリネンハンカチ

ナチュリラ
2017.05.01

見た目のおしゃれももちろん大事だけれど、年を重ねてくると隠れたところへの心の配り方で、その人のまとう空気が変わってきます。バッグの中、香り、インナー……。人には見せない部分こそきちんとおしゃれをする、そんな大人の楽しみ、始めてみませんか? 今回はイラストレーターのmitsouさんに、お話をお聞きしました。

OKA_3460


mitsouさんのバッグからのぞく、真っ白なハンカチ。そこには小さく咲く、赤いバラ。その様子は、太宰治の小説『女生徒』で、主人公の女生徒が、下着の胸元にバラの刺しゅうをする一場面を思い起こさせます。うかがえば、インスピレーションはまさにそこから、でした。

「その一節を読んだとき、素敵!と思ったんです。女生徒は、誰にも見えないところに、自分だけが知る小さな刺しゅうがあることに得意になっている。そこに愛おしさを感じたんですね。その気分を真似て、小さな刺しゅうをあしらったリネンハンカチを『乙女のハンカチーフ』と名づけて作り始めたのが、20代後半のころ。絵を描くような感覚でクロスステッチをしながら、今も作り続けています」

OKA_3524

そのハンカチを、日々しのばせているのは、いつも肩にかけて持ち歩いている、ポーチのような小さなレザーのショルダーバッグ。お財布も手帳もメイク道具も、このサイズに合わせて小さなものを選んでいます。

OKA_3534
↑  バッグの中身はこれで全部。リネンハンカチ、「スマイソン」のスケジュール帳、革作家 ・華順さん作のお財布、口紅と、つげのくし。“お気に入りだけを最小限”が大人っぽい。

最近はスマートフォンでスケジュールを管理する人も多いけれど、ページをめくり、書き留める感覚が好きというmitsouさん。「今年はがんばったな」と思えた年だけ、20代のころから憧れていた「スマイソン」の翌年分のスケジュール帳を手に入れることにしています。選ぶのはもちろん、いちばん小さいサイズです。ふと目に入ったとき、手にとるたびに、ときめくことができるもの。どこにいても、どんなときでも、バッグにそっと手を入れたら、心が躍り自然と微笑むことができるもの。そんなアイテムを持ち歩くのが、mitsouさんのひそかな楽しみなのです。

OKA_3540

↑ 学生のとき雑誌『オリーブ』で知ったイギリスの「スマイソン」。少し高価だけれど、手にするたびに気分が上がる。アドレス帳や覚え書き帳には、いつか行きたいお店などをメモ。

 

「ナチュリラ」vol.37より photo:岡利恵子 text:福山雅美

 

Profile

mitsou

本誌をはじめとした雑誌、広告、ショップなどのイラストを手がける。商品デザインや企画にも参加。著書に『簡素な暮らし』(WAVE出版刊)。http://www2s.biglobe.ne.jp/~mitsou

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ