似合う色味がわかる、イエローベースとブルーベース Vol.1

パーソナルスタイリスト木村牧子の美人塾
2017.03.06

kimura3DSC_0011-2A

前回に引き続き色のお話です。
今日は温かみを感じる色と涼しさを感じる色の効果について。

前回のブログではパーソナルカラータイプの
SpringとAutumnの人は温かみ(黄み)、
SummerとWinterの人は涼しさ(青み)を感じる色味が似合う、
というお話をしましたね。

この、温かみの似合うタイプは「イエローベース」、
涼しさの似合うタイプは「ブルーベース」と呼ばれています。
これが、メイクカラー、ヘアカラー、アクセサリーを選ぶ基準となります。

kimura3イエローベースブルーベースA

 

イエローベースには、リップやチークは黄みよりのピンク、
ヘアカラーはイエローブラウンやオレンジブラウン、
アクセサリーはゴールドが肌や顔立ちと相性がいいのです。

 

ブルーベースには、リップやチークは青みよりのピンク、
ヘアカラーはブラックまたは黄みを抑えたアッシュブラウンや
ピンクブラウン、アクセサリーはシルバー(プラチナ)が合います。

 

よく「肌の色がオークル系ならイエローベース、
ピンク系ならブルーベース」などと説明されていますが、
オークルとピンクどちらとも言えない肌の方も多く、
また単純に肌色だけで決まるものでもなく、
自己診断は難しい人も多いでしょう。

 

自分でイエロー・ブルーのどちらかを判定するには、
ゴールドとシルバーを肌に交互に当ててみて、
ぱっと見どちらの方が印象がいいか、
シンプルに感じてみる、
という方法がおすすめです。

 

できるだけ自然光の下で、
当てる箇所は頬と手首の2箇所、
ゴールドとシルバー(プラチナ)のアクセサリー、
または金銀の色紙を使ってみてください。

 

さて、「印象がいい」とはどういうことでしょうか。
これが重要です。

Vol.2に続く

Profile

木村牧子

KIMURA MAKIKO

「ルノンキュル」主催。関西学院大学卒業後、全日本空輸㈱で国際線CAとして勤務。退職後に転身し、子供の頃から夢だったデザインの道に進む。10数年間グラフィックデザイナー、テキスタイルデザイナーとして色や素材に関わる中で、「装い」や「色」が人の生きるパワーや自信と深く関わることに強く興味を引かれる。色彩学、心理学を学ぶうちに、「見た目」を通して人の内面、生き方を前向きに元気にさせる仕事をしたいと思うようになり、パーソナルスタイリング、イメージコンサルティング、パーソナルプロデュースの仕事を開始。現在は平日はデザイナー、週末はイメージコンサルタントとして活躍中。http://www.renoncule.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ