「新しい始まりへ」~おしゃれ暦vol.27~弥生

おしゃれさんコーディネート
2017.03.11

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第27回目です。

いよいよ3月。まだまだ肌寒い日のほうが多いですが、確実に春の足音が聞こえてきましたね。別れと出会い、節目の行事が多いこの時期のおしゃれは“きちんと感”が必要とされる場面も多くて……。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

最近は、二分の一成人式なるものがある。

ご丁寧に2回行われる。

一回目は夫婦で参加したが、2回目は妻だけ参加した。

2回目には、母から子供への手紙を渡したりしたそうだ。

やんわりといい雰囲気の中、下の子の教室に向かうと、

大きな声で走ってくるわが子が、落とし物を拾おうと、、

ランドセルを背負ったまま下を向いたとたん、

中身がバサバサッ!

その周辺が笑いの渦になったその時、先生がやってきて、

「人の失敗を笑わない!」と大きな声で注意したそうだ。

でも、その時誰よりも笑っていたのは、本人と妻だった。。

 

年度末の学校は大忙し。

かしこまった装いが必要になる場面もありそうだ。

 

s-IMG_2084

 

パリッとしたコート地の

パリッとした襟元で気が引き締まる。

 

s-IMG_2087

 

一重でシャツのようにたくさんの釦が並ぶ、素敵なスプリングコート。

 

s-IMG_2099

 

コンパクトに見えつつも、しっかりとジャケットの上から着られるデザインのコートは、移り気な春の気候に取り入れやすい。

 

s-IMG_2078

 

スカートやワンピース、もちろんパンツにも合わせやすい着丈。

重ね着もどんどん楽しんでほしい。

 

s-IMG_2106

 

前を開けてコートを着られる喜びは、春ならでは。

インナーとの色合いも楽しみたい。

 

s-IMG_2125

 

いつもの革の鞄を引っ掛けて。

馴染んでくると道具感が増してくるのも、革小物のいいところ。

 

s-IMG_2153

 

コートの下は、ノースリーブのワンピースと

ショート丈のボレロジャケットのセットアップ。

 

s-IMG_2131

 

ザクッとした個性的な素材感に気分も上々だ。

 

s-IMG_2174

 

少し前を開けて、ヒモで結んでもいい。

 

s-IMG_2201

 

少しかしこまったときは、アクセサリーにも気を配りたい。

あまり盛り付けたくない時は、シンプルでいて、

付けたときにしっかり存在感のあるものを選びたい。

 

s-IMG_2159

 

学校や会社の年度末、

慌ただしく式典を迎えると、いよいよ春を実感する。

まっさらな気持ちで、新しい始まりに臨みたい。

 

コート:susuri ¥32,000+tax

ジャケット:susuri ¥32,000+tax

ワンピース:susuri ¥32,000+tax

シューズ:catworth ¥22,000+tax

バッグ:teha’amana ¥26,000+tax

ブレスレット:vali 私物 ※3月18日~25日でアナベルにて開催する3人展に出展予定

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 ℡045-482-4026                

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ