【自分を知った大人服】吉川玲子さん 臨床検査技師 Vol.1

大人になったら、着たい服
2017.03.28

歳を重ねても

何かが進化している自分でいたい

otona_DSC0622

吉川さんが、幼いころに撮った写真を見せてくれました。そこに一緒に写っているお母さまのおしゃれなこと!

「子どものころの服はほとんど母が作ってくれました。しつけ糸を取るのが私の役目でしたね」

フリーランスの臨床検査技師として働く吉川さん。

「若いころは肌が弱くて……。そんな中、田舎に行くと、肌の調子がぐんとよくなることに気づきました。体と環境って密接に結びついているんだ、と予防医学に興味を持ったんです」

otona_DSC0476

今は依頼があると企業や学校などに出かけていき、心電図を測るのが仕事なのだとか。

「私にとって100人のうちの1人でも、その方にとっては、1年に1回の検査。それを忘れないようにと思っています」と語ります。白衣は着るものの、その日何を着ていくかを考えるのが楽しみ。メガネとバッグは毎日必ず変えるそうです。

Vol.2へ続きます

 

photo:和田直美 text:一田憲子

『大人になったら、着たい服 ’16-’17秋冬』より抜粋

 

Profile

吉川玲子

Reiko Yoshikawa

大学で保健衛生学を学び、卒業後、臨床検査技師として就職。出産後、フリーランスに。今は、企業や学校など、声がかかったときに現場に出かけ心電図の測定を担当。休日には写真教室に通って勉強中。

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ