bagと中身

ナチュリラ
2017.04.10

作家さんが手がけたものなど、ひとつひとつが味わい深いおしゃれさんのバッグ。

小物は柄のポーチでコンパクトにまとめて、楽しく軽やかに。


 

♯1

「cafe zakka gallery FLAG」店主 

辻内志乃さん

otonaflag-0225

otonaflag-0228

「クタリ」のトートは、こっくりした色と革ハンドルがコーデのポイントに。蜂の巣のように開く収納力抜群のカードケースは「ベベ・アンファン」のもの。「ガレージ」の財布やiPhoneケースは、大人っぽいマットな革素材で揃えて。ティッシュケースはスリランカのフェアトレード品、懐かしのラムネは疲れたときの糖分補給に。

♯2

「アフターアワーズ」スタッフ

横田 愛さん

otonaアフター cut_255

otonaアフター cut_250

仕事でもプライベートでも小荷物派。「シップス」で購入したクラッチバッグは、ちょっとよそゆきにも使えるのがお気に入り。てぬぐいは、いつも2枚。手帳代わりのノートとペンも忘れずに。時計は「カシオ」のもの。財布は「ズッカ」で、7~8年愛用。「ペンドルトン」のミニポシェットにはハンドクリームや薬を。

♯3

「vali」デザイナー 

水野久美子さん

otona_MG_6095

otona_MG_6094

友人の革小物作家、「ソナー」の園田さんに作ってもらったピッグレザーのバッグは、一枚革でエコバッグに匹敵するほどの軽さ。山葡萄の財布、手紡ぎ手織りの名刺入れなど手仕事のものが好き。オレンジ色のカードケースは「コム デ ギャルソン」、塩川いづみさんのイラストが描かれたポーチには、ICカード乗車券を入れて。

♯4

「TEALABO-t」主宰 

武内由佳理さん

otonaTEA A-161024_naturela-162

otonaTEA A-161024_naturela-159

アンティークリネンを使ったバッグは、布作家・松澤紀美子さんのブランド「プティ・キュ」のもの。手帳と仕事の書類整理用のレザーポーチは「アーツ&サイエンス」。名刺入れとお財布は「エンリー ベグリン」で10年くらい補修しながら大切に使い続けている。刺しゅうの巾着にはハンドクリームなど。ハンカチは手織りリネン。

 

photo:tomoya uehara tamami tsukui isao hashinoki(nomadica) masanori wada

text:shoko sakamoto noriko tanaka chisa masuda

『ナチュリラ vol.36』より抜粋

 

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ