「いつもの道」~おしゃれ暦vol.29~卯月

おしゃれさんコーディネート
2017.04.08

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第29回目です。今年の東京の桜は意外に長持ち。ようやく満開を迎え、お花見のピークとなりました。新年度の始まり・4月は、おしゃれにも新鮮さが欲しくなったりして。今年はどんな装いで新しい自分を発見しましょうか。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

わざわざ見る桜もきれいだけど、

いつもの道で、毎日見る桜もいい。

暖かくなったな、、って感じると、

サクラもそれを感じて、花をつける。

生きているって感じがする。

 

サクラが迎えてくれる始まりの季節。

咲き始めから満開になるまでを毎日見ていると、

前に進むのだと、心にも新芽が生えてくる。

だから春のファッションは、新しさを求めたくなる。

 

s-IMG_5595

 

いつもなら、Tシャツかブラウスでしか着たことがない白を

ジャケットでも取り入れてみようと思う。

ついでにストールも白っぽく。

 

s-IMG_5600

 

ロングが多いアウターに、あえてショートを取り入れてみる。

ワイドパンツにはよく似合う。

 

 

s-IMG_5614

 

ワイドパンツは、気になるデニム素材を履いてみる。

デニムなら色落ちも楽しめる。

 

s-IMG_5607

 

上まで留めて、ワークの中に可愛いらしさを出してみる。

 

 

s-IMG_5617

シワシワっとした生地の表情が照れ隠しにちょうどいい。

 

s-IMG_5622

 

カジュアルに使い易い「MUUN(ムーニュ)」 のかごは、春夏のファッションに欠かせない。サクラの開花とともに、引っ張り出してくる。

 

s-IMG_5631

 

メンズライクな装いにも華を添えて、

なんだかウキウキする。

 

s-IMG_5648

 

サクラの季節は、昼と夜でまだ気温差がある。

夜はアウターを上まで閉めてストールをして、昼間は軽快に前を開ける。

 

s-IMG_5651

s-IMG_5652

s-IMG_5653

s-IMG_5668

 

リネンのジャケットは、はおるとクタっとして

涼し気で爽やかな印象だ。

スカートにもパンツにも、さらっとはおってかっこいい。

 

s-IMG_5671

 

大人になってからのファッションで、

新しいことに挑戦するには少し勇気がいるのだけど、

 

s-IMG_5680

 

いつも通りの中に、少しだけ「初めて」を入れてみる。

冬から見てきたいつもの道のサクラの“華”が、

そんな気分にさせてくれる。

 

 

ジャケット:ARMEN ¥24,000+tax

ワイドパンツ:FIRMUM ¥22,500+tax

長袖Tシャツ:FABRIQUE ¥5,900+tax

ストール:Honnete ¥16,000+tax

シューズ:R.U. ¥38,000+tax

バッグ:MUUN ¥18,500+tax

ピアス:vali(私物)

 

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 ℡045-482-4026                

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ