追加発注がかかる美シルエット 「ハリス」のワイドチノパンツ

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2017.04.17

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

ここ数年、毎シーズン見かけて気になっていたのが、知的で洗練されたリアルクローズを提案している「ハリス」のワイドパンツ。最初にお目見えしたのは、2015年12月でした。

otona_MG_6518

「ハリス」ワイドチノパンツ各¥13,000

※商品の価格は2017年4月現在のもので、表示は税抜きです。

このパンツは「ハリス」のカジュアルラインのアイテムなので、タグも通常のクラシカルなものではなく、シンプルで都会的なロゴになっています。

otona_MG_6535

営業部の井手由美さんも愛用者とのことで、旬カラーであるカーキとネイビーの着こなしをパチリ。

otona_MG_6452

「ハリス」ブラウス¥15,000、ネックレス¥7,500、シューズ 参考商品、「ジーオ」ブレスレット 参考商品

裾に向かって広がる、すっきりとした直線的なラインがとてもきれい!

「身長155㎝の私でもバランスがとりやすく、トップスも選ばないので、コーディネートに迷ったときはついつい手が伸びてしまいます」

バックスタイルも、体形を拾わないヒップまわりの絶妙なコンパクトさが秀逸!

otona_MG_6543

企画当初の話を、同部の今入幸江さんに伺いました。

「ガウチョパンツが流行しているころ、より鮮度が上がるボトムを考えていたとき話題にあがったのがワイドパンツ。ベーシック派のお客様が取り入れやすい幅を、試行錯誤しながら決めました」

 こだわりは細部のディテールにも。たとえば、オーセンティックなチノパンツに配されているコインポケットをつけたり

otona_MG_6519

バックポケットは、両玉縁ポケットを採用してスマートな印象にしたり

otona_MG_6524

洗い加工をかけてこなれ感を出したり。

otona_MG_6530

春夏は足元から心地よい風が感じられ、寒い秋冬はタイツで防寒して、と季節を問わずはけるのも人気の理由のひとつなのだそう。

 「この春は売り切れているショップも続出していて。追加発注をかけて、対応したばかりなんです」と語るのは、プレスの三好和美さん。

「スタイリストさんたちからも『着まわしの強い味方!』と好評を得ています」

秋冬になると、同じ形でコーデュロイ素材も登場するほどファンが多いこのワイドパンツ。大人の女性らしさを引き出してくれる一本は、ワードローブに取り入れれば大活躍してくれること、間違いなしです!

ハリス銀座店

TEL 03-5524-7705

公式サイト http://www.harriss.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ