この可愛いワンピースに、何を合わせよう?

おしゃれさんコーディネート
2017.05.07

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.5 初夏の着こなし


お久しぶりです! こんにちは。2月の毎週日曜日、冬の着こなし連載を書かせていただいた「Ecru et pousse 」の松村由紀です。5月は、初夏にぴったりのコーディネートをご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

コーディネートと言っても、この季節は洋服そのものを活かした小物を選ぶだけ、というシンプルなスタイルです。この靴を履くならバッグはこっちが良さそう…とか、帽子のリボンと同色の小物はないかな…とか。 引き算したり足し算したり、鏡でバランスを見るのが大切ですよね。

そんな今回は、「R&D.M.Co-(オールドマンズテーラー)」の 「HAND PRINT SHIRT DRESS(ハンドプリントシャツドレス)」というリネンワンピースを主役にしたコーディネート。人気の3柄を、合わせる小物の色や素材を変えてそれぞれご紹介しますね。

5-1
今月も、この連載の撮影をしてくれている穴見春樹さんのスタジオ「アトリエ・グレーヌ」から出発。ちなみに、この上の階には、ステキなセレクトショップ「暮ら巣」さんがありますよ。


5-2
今日は気持ちの良い天気。電車に乗って行こう。初夏の陽気を感じたら、カンカン帽を被りたくなりますよね~。

5-3
お気に入りのワンピース。こちらは「irish(アイリッシュ)」という柄。足元は少しヒールのある靴に、白ソックスを履きました。

5-4
髪はひとつ結びにし、すっきり。カンカン帽は日本製の古いもので、古道具屋さんや蚤の市でタイミングが良ければ出逢えます。

5-5
バッグの肩ひも、帽子のベージュが、ネイビーのワンピースと相性よし。

5-6
レザーバッグは「nuitomel(ヌイトメル)」の小ぶりのものにしました。斜め掛け、手提げの2wayなので、持ち方で雰囲気も変わりますね。

5-7
街中から電車に揺られて、お店に到着! お客様の気分になれました~(駅からはちょっと遠いんですがね)。

・・・・・・・・・・

5-8
次の柄は「GARDEN(ガーデン)」。白地にブルーの柄が入ったワンピースは、清々しい青空の下で元気よく着たい気分。
5-13
柄にズーム。ガーデンという名の通り、庭の木々に鳥たちが楽しそうにしていますね。


5-9
この日は とっても気持ちが良くてお散歩日和でした♩
5-10
帽子にカゴバッグにスニーカー。バランスOKかな。スニーカーは「コンバース」のハイカット。靴下は「irish」の時と同じ、「R&D.M.Co-」のオーガニックコットンソックス。

5-11
バッグは数年前の「Encachette(アンキャシェット)」。ラフィア素材で軽くて便利。

5-120
帽子は「mature ha.(マチュアーハ)」の「BOXED HAT(ボックスハット)」。リボンの色がたくさんあるのですが、今日はカジュアルにカーキを選んでみました。

5-14
そろそろ帰らなきゃ。

5-15
ふわりとしたシルエットだから、リュックを背負っても可愛いですよね~。

夏の暑さもフワッと乗り越えられそうな爽やかワンピース。冬の白も好きだから、このワンピースにニット帽とかブーツとか、冬小物も合わせてみたいな。

・・・・・・・・・・

5-17
最後は「wild berry(ワイルドベリー)」柄です。

5-18
合わせたのは「R&D.M.Co-」のリネンマルシェバッグ。これはもう6~7年近く前のものだけれど、とても万能で、エコバッグにも使えちゃいます。毎シーズン違う素材や柄で展開されているので、そちらも楽しみにされて下さい。

5-19
ワイルドベリー柄にズーム。ね、蔓に、たわわに実る苺が見えるでしょう。

5-20
帽子は数年前の「R&D.M.Co-」のハットを選びました。黒い縁がワンピースをシュッと引き締めてくれます。

5-21
こういうハットの時は、目深にまっすぐ被るほうが、雰囲気良く見せてくれるようで好きですね。

5-22
ストラップシューズも、少しヒールがあれば大人っぽく仕上げてくれます。このくらいのショート丈のソックスも好き。
5-23
お気に入りのワンピースを着て、春の名残りと初夏の風を楽しみましょう。

それでは また来週ですね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。
pora-1-4
「先月、熊本は震災から一年を迎えました。
大変な思いもしましたが、
それと同時に大切な事にも気づかされた一年でした。
春の気持ち良い天気に撮影した一枚。
これからももっと、熊本が良い街になるよう、
自分が出来ることから、一つずつやっていこうと思います」

撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)


←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ