カディで作られた「Eternite de Soi-e(エテルニテ ドゥ ソワ)」の服

今日のひとしな
2017.05.31

~ mar(マル)より vol.31 ~

「優しくて、あたたかみのあるもの」。そう聞いて皆さんは、何を思い浮かべるでしょう。手仕事の作品、家庭料理の味、ふとした時に届いた手紙…。誰かの想いや存在を感じるものについて、そんな表現をすることが多いのではないでしょうか。「Eternite de Soi-e」の服づくりも、そうしたもののひとつのように思います。

「Eternite de Soi-e」の服の素材として用いられることの多い、カディという手紡ぎ・手織りの布。その工程の全てが手作業で作られているインドの伝統的な素材です。

s-DSC_1670
しっかりと丈夫なのに、着ていて心地よい。手作業ゆえに織りに独特の不均一さが生じ、そこに空気を含むので夏は涼しく、冬は暖かく感じます。この布は、まさに人を思って生まれた素材なのでしょう。

s-DSC_1568
そんなカディの中でも、驚くほど優しい肌触りのコットンカディを2枚重ねて作られたワンピースは、あえて「サマードレス」と表現したい、そんなシルエット。着るとなんだか嬉しくて、思わず裾を持ってくるくると回ってみたくなります。

s-DSC_1594

s-DSC_5088
このワンピースのように、ふわっとしたゆったりめのシルエットも「Eternite de Soi-e」の服の特徴のひとつ。一見甘くなりがちな形も、大人っぽい雰囲気をまとっているように感じるのは、細部のデザインや生地の色使いなど、着る人を想う作り手のこだわりがあるからこそです。

s-DSC_1603
 こちらも夏が恋しくなるような、涼しげなトップス。清涼感のある薄手の生地は、光を通すと全体に施された細やかな刺繍を際立たせます。その美しさには思わず、目を奪われます。それでいて主張をしすぎず、いつものスタイルにさりげなく存在感を添えてくれそうです。

s-DSC_5123
デザイン、着心地、ぬくもりを大切につくられた「Eternite de Soi-e」の服。お気に入りの一着を見つけたなら、まぶしい夏を楽しみに待つばかりです。


「Eternite de Soi-e」の服

 

←お店の紹介はこちらから

mar(マル)

毎日の生活に取り入れやすいシンプルな雑貨、丁寧に作られた手仕事の品、器や洋服、小物など少しずつセレクトしたお店。シンプルなホームページやオンラインショップのサイトも人気。「今日のひとしな」の執筆は、店主の原麻子さんと3人のスタッフが担当。

 

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-5-1
TEL:0467-24-6108
営業時間:11:00-18:00
定休日:なし(臨時のお休みはサイトでご確認ください)
http://mar-select.com/
http://mar-store.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ