懐かしの青&新鮮な赤でカラーコーデ。「マチュアーハ」の取り扱いムービーつき!

おしゃれさんコーディネート
2017.05.28

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.8 初夏の着こなし

みなさん、こんにちは。「おしゃれさんコーディネート」連載、5月の担当 「Ecru et pousse」松村由紀です。早いもので とうとう5月も最後の週になりました。毎週日曜日を楽しみにしてくださり、ありがとうございます。


さて 今回は青と赤のアイテムを使ったコーディネートのご紹介をします。
8-1
まずは 「R&D.M.Co-(アールアンドディーエムコー)」のギンガムチェック のノースリーブワンピースを使ってのコーディネート。サラサラとした着心地で、真夏は1枚で元気よく着たい。

8-2
アクセサリーはシルバーで統一して。こちらは「Indigo silver works(インディゴシルバーワークス)」の紫陽花のリングと「semeno(セメノ)」のブレスレット。

8-3
深い色合いの青がきれいな「R&D.M.Co-」のデニムジャケットを合わせました。

8-4
デニム特有のゴワゴワ感がなく、柔らかい着心地。昔懐かしいアイテムがまた新鮮ですね。

8-5
帽子は「Gauze# (ガーゼ)」のトールハット。ベーシックなコーディネートに少しのスパイスを取り入れてみました。

8-6
デニムジャケットは、すっきりコンパクトなサイズが好み。バッグはカジュアルに布バッグにしました。

8-7
足元も軽快に。

8-8
帽子、バッグ、靴を同じカラーでまとめています。

8-9
そしてそして……このワンピースには同柄のロングスカートがあるので、それを組み合わせてみようとひらめいて、ワンピースの上に重ねてみたら……

8-10
ロングワンピースのようになりました! スカートを重ねた分ボリュームが出て、着こなしの幅も広がりそう。

8-11
スカート丈が変わるだけで 雰囲気がガラリと変わりますね。

8-13
ハットを被ったら、たちまち爽やか初夏のコーディネートに。

8-12
ハットはリボン無しのシンプルなタイプ。甘過ぎず、お気に入り。

・・・・・・・・・・

次は赤のコーデをご紹介。

去年ぐらいから色々なブランドで赤のアイテムが登場していますね。これまで私もスカートやニットなどで取り入れたことはありますが、全身赤で着るのは尻込みしていました。

8-14
でも赤にも色々あって、「これは!」と思う赤に出会った時は、是非取り入れてみて欲しいですね。肌色が明るく見えて、晴れやかな気分になれますよ。

私が選んだ赤は、「Gauze#」のシルケット テンジク ワンピース。イヤリングは福岡の蚤の市で、アンティークショップ「クレール ド リュヌ」さんのブースにて購入した物。丁寧な作りでお気に入り。

8-15
白い靴に白いトートバッグで爽やかに。

8-17
琺瑯のプレートがポイントの「R&D.M.Co-」のもの。

8-16
肩にも掛けられて、使い心地もマル。

8-18
赤の分量を少し抑えて着たい時は、ショールを使います。

8-19
肩に掛ける、と言うより首元に掛ける感じが好き。

8-20
「R&D.M.Co-」で毎シーズン展開しているコットンガーゼショールは、柄違いで集めたくなる便利アイテム。こちらはデイジー柄。

・・・・・・・・・・

8-21
次にパンツを合わせてみました。こちらは「Gauze#」のホワイトデニムパンツ。以前ご紹介した万能パンツの新カラー。

8-22
小物は黒をチョイス。「R&D.M.Co-」のリュックです。

8-23 
8-24
帽子も黒いベレー帽に。こちらは「mature ha.(マチュアーハ)」のシルク混のシリーズ。

8-25
メガネを追加してみたり……。靴も黒にし、小物は黒で統一。

・・・・・・・・・・

最後に、バリエーションをもうひとつ。先ほどのショールはヘッドアクセとしても使えます。

8-26
シンプルな洋服をかっこよく着こなす女性に憧れますが、身長が低いからかなかなか様にならない。なので、小物を使って自分なりのコーディネートを考えてみる。それもまた楽しいですね。

8-27
よっ!

8-28

それでは次は8月にお会いしましょう~。
たくさんの方に読んでいただき、私たちも楽しく撮影したり、記事を書いたりとやりがいがあります。1か月間ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。

 「これから暑くなり、帽子が活躍する時期ですね。
そこで、Ecru et pousseの由紀さんと
マチュアーハの帽子の取り扱い方法を
ムービーで作成してみました。
マチュアーハの帽子は、
その形がとってもかわいいので、
帽子を被った後もしっかりお手入れして
長く使いたいですね」


撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ) 

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ