「hal」後藤由紀子さん【前編】「子育てがひと段落したことを機にヘアスタイルチェンジ。おしゃれも変わってきました」

大人の暮らしで見直したもの
2017.05.29

日々の暮らしは、「もの」に支えられ、彩られ、形作られています。暮らしと太くつながっているからこそ、大切な「もの」は、年齢や生活習慣の変化とともに、更新されていくはず。大人になった「いま」だからこそ、しっくりきているものはなんですか? 憧れの先輩に聞きました。
text:鈴木麻子 photo:大森忠明

 

後藤由紀子さん。静岡・沼津にある暮らしの道具の店「hal(ハル)」の店主です。ボブスタイルがトレードマークで、トラッド服をさっぱり着こなす装い、“生活者”目線の確かな物選びは、『ナチュリラ』でも変わらず人気。そんな後藤さん、いつしか髪をベリーショートにし、ますます軽やかに、すこやかになった印象です。
goto-018
「50歳になったら、髪を切ろうって決めていたんです。実際はまだ50歳手前ですが、ちょうど髪を切る雑誌の企画のお話をいただき、計画をちょっと前倒ししました。いつまで自分を楽しめる時間があるかわからないのだから、やりたいことがあるなら、少しでも早くトライしないともったいないですしね」

ベリーショートにしたのは、「お母さん業」がひと段落したことの証。いま後藤さんの暮らしは、「子ども中心」から「自分も満たす」ものへと、ゆるやかに移行しています。
goto-033
「ずっとボブだったのは、お母さんたちの中であんまり目立っちゃいけないとなんとなく思っていたから。子供たちのためというわけではないんですけれど、ベリーショートのお母さんって、ちょっと変わった人に見えてしまいそうで。“みんなと一緒”でいることで円滑に行くこともあるような気がしていたんですね」

ばっさり髪を切ったら、手に取る洋服が変わり、これまで手薄だったアクセサリーのおしゃれも積極的に楽しむようになりました。

「“ピアスといえばこれ”というくらいに、小ぶりなひと粒パール一筋だった」後藤さんの耳にはいま、ゴールドチェーンに編み込まれたたくさんのチビパールがゆらゆらと揺れています。
goto-042
「ショートカットって、楽でとってもいいんですけど、放っておくとおじさんかおばさんか、わからなくなっちゃうんじゃないかしらって(笑)。だから、こういう素敵なデザインのピアスで、女性らしい要素を足していこうと」

一番のお気に入りは、「shuo(シュオ)」のピアス。後藤さんのまわりのおしゃれな友人達がこぞって「shuo」のアクセサリーをしていて、調べてみたら冠婚葬祭で使う小物やアクセサリーのブランドだと知りました。「どんな場でも自分らしく、正しく装う」というブランドのコンセプトにも共感し、早速「hal」でも取り扱いを始めました。

耳も首も露わにしてしまうベリーショートは、全くごまかしのきかない自分全開ヘアスタイル。だから、日々、試行錯誤。50歳目前。きりりと短い髪の毛が、大人のおしゃれを後押ししてくれています。

 

→後編へ続きます

→その他の後藤由紀子さんの記事はこちらから

 

この連載に登場するみなさんに「大人暮らしで見直した10のもの」をお聞きした本が発売中です! ぜひご覧くださいね。

Profile

後藤由紀子

Yukiko Goto

静岡・沼津で器と雑貨の店「hal」を営む。暮らしの中で自分が心から「いい」と思ったもののみを店に並べる。二人の子供は、大学生と短大生となり、子育てもひと段落。暮らしの工夫や気づきを綴った飾らないエッセイも好評。『ほどほど収納が心地いい』(宝島社)、『お母さん、旅はじめました』(光文社)など著書多数。http://hal2003.net/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ