首元のおしゃれ vol.1

ナチュリラ
2017.05.23

シンプルなトップスのポイントになる“巻き物”のおしゃれ。軽やかな質感の大判ストールなら、寒暖の差がはげしい時季の調整役としても重宝しそう。みなさんのお気に入りと、巻きワザを見せてもらいました。


 

♯1

「liflattie ships」プレス

西村麻衣さん

otona_MG_2943 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

大判ストールを三角に折ってくるくる巻くだけの簡単アレンジ。「『マニプリ』はさりげないヴィンテージ感が好き。白ベースなので、柄物でも意外と合わせやすいのが魅力です」

♯2

フラワースタイリスト

平井かずみさん

otona001

首まわりの肌は敏感だから、やさしい質感のコットンリネンストールを。台湾で購入した「ヂェン・ホェヂョン」のピンクのストールは、巻くだけで、顔全体がパッと華やぐ。

♯3

「CHIGO」主宰

紺谷ちぐささん

otonaAL4A1616 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

5年ほど前、出張先のL.A.で手に入れた「ドーサ」。「アトリエを訪れた際に、淡いサーモンピンクが目に飛び込んできて。シルクならではの光沢や軽やかさもこの季節にぴったり」

♯4

主婦

金子敦子さん

otona_MG_7182

「フォグリネンワーク」のリネンのチェックストールは、デニムに合わせやすいブルーベース。「大判ストールを首にぐるりと巻いてボリュームを出せば小顔効果も狙えます」

 

photo:rieko oka kuniko okada shinsaku kato aya sunahara isao hashinoki(nomadica) kozue hanada

text:noriko tanaka masami fukuyama momoko miyake

『ナチュリラ vol.37』より抜粋

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ