オリジナルテキスタイルで作った、直線裁ちの洋服

今日のひとしな
2017.06.05

~ 中川政七商店より vol.5 ~

直線の裁断によって、反物を無駄なく使用した日本の着物のように、生地の余りを最小限に抑えた型取りをして、現代の衣服を作りました。

直線裁ちの服は、NHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」でも話題になりましたが、型紙や難しい技術が無くても洋服が作れるという発想は、当時だけでなく現代でも受け入れられる、むしろ新鮮な発想だと驚かされました。改めて着物文化の素晴らしさと、人を幸せにする柔軟なアイデアに拍手したい気持ちです。

直線裁ちの洋服_イメージ

今回の直線裁ちシリーズでは、直線的なパターンが綺麗に見える、程よい張り感のある生地をオリジナルで作るところからこだわりました。生地は、200年以上の歴史と伝統を誇る「播州織」の産地、兵庫県西脇の織物メーカーで織っています。

経(たて)糸にはしっとりと滑らかな長綿糸を、緯(よこ)糸には柔らかく膨らみのあるムラ糸を使い、旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織ることで生地自体に空気を含み、ふっくらとした生地に仕上がります。シャトルで織ると出来る、「耳」に色を挿すことで、シンプルな生地にアクセントを作りました。

直線裁ち型紙

シャツやスカート、パンツをはじめ、チュニックワンピースや、和装を感じさせる羽織りコートまで幅広いラインナップです。

チュニックワンピースは直線裁ちでありながら、身体の線にもほどよく合わせた綺麗なシルエットが特徴です。いずれも型紙図面を見ていただくと、本当に無駄が無くて良く出来ています。ご自身で洋裁をされる方ならすぐに応用していただけそうです。

直線裁ちのチュニックワンピース 15,120円(税込)
直線裁ちのプルオーバー 12,960円(税込)
直線裁ちのスカート 14,040円(税込)
直線裁ちのサルエルパンツ 16,200円(税込)
直線裁ちの羽織りコート 15,120円(税込)

 

←お店の紹介はこちらから

中川政七商店

1716年(享保元年)創業以来、手績み手織りの麻織物を扱い続ける奈良の老舗。「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、「中川政七商店」「遊 中川」「日本市」「2&9」「motta」「花園樹斎」などのオリジナルブランドを展開。日本全国、その土地ごとに受け継がれてきた職人の技や想い、暮らしの知恵が息づく生活雑貨を数多く生み出している。300周年を機に、全国の工芸産地と読者をつなぐウェブメディア「さんち ~工芸と探訪~」をスタート。

 

中川政七商店 表参道店
東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F
TEL:03-3409-2260
営業時間:11:00~19:00
定休日:年末年始
http://www.yu-nakagawa.co.jp/p/2428

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ