毎日着たくなるニット「kuru(クル)」のリネンカーディガン

今日のひとしな
2017.06.06

~ 中川政七商店より vol.6 ~

2016年の秋冬にデビューしたニットブランド「kuru」から、2017春夏シーズンのリネンカーディガンのご紹介です。

フレンチリネンのカーディガン_blue navy_03

「kuru」はシンプルなデザインと着心地にこだわった服作りをしていますが、その気配りは原料の原産地選びから始まっています。ウールやカシミア、コットンやリネンなどが育まれるのに、最も適した気候や地域からの素材選び、そしてその素材を活かした紡績や製法を考えて、日本有数のニット産地である新潟県見附市の老舗ニット工場で編み上げています。

フレンチリネンのカーディガン_blue navy_012
フレンチリネンのカーディガン_off white_01

春夏には、さらっとした肌さわりが涼しげなリネン素材の羽織りものがあると便利です。フランス北部で栽培される良質なリネンを使用し、美しい光沢を感じられるシンプルなカーディガンを作りました。

手間ひまのかかるリネン栽培は、土地の気候や土壌と大きく関係しています。涼しい気候と豊富な水資源に恵まれるこの地域は、最高品質のリネンを生み出すのに適していると言われています。

リネンならではのシャリ感と、長く着るほどに肌に馴染む柔らかさ、素材の良さを実感していただけると思います。

フレンチリネンのカーディガン_blue navy_02

クルーネックの襟ぐりは、詰まり過ぎず広がり過ぎず、閉じても開けて着ても綺麗に見えるシルエットです。

フレンチリネンのカーディガンblue navy

パッケージは、落ち着いたブルーグレーの箱で、ご自身へのご褒美としても、贈りものとしても喜んでいただけそう。ちょっとした特別感を感じ、長く大切にしたくなるニットです。 

「kuru」フレンチリネンのカーディガン
18,900円(税込)
色:サンドベージュ、グレー、ネイビー、オフホワイト

←お店の紹介はこちらから

中川政七商店

1716年(享保元年)創業以来、手績み手織りの麻織物を扱い続ける奈良の老舗。「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、「中川政七商店」「遊 中川」「日本市」「2&9」「motta」「花園樹斎」などのオリジナルブランドを展開。日本全国、その土地ごとに受け継がれてきた職人の技や想い、暮らしの知恵が息づく生活雑貨を数多く生み出している。300周年を機に、全国の工芸産地と読者をつなぐウェブメディア「さんち ~工芸と探訪~」をスタート。

 

中川政七商店 表参道店
東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F
TEL:03-3409-2260
営業時間:11:00~19:00
定休日:年末年始
http://www.yu-nakagawa.co.jp/p/2428

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ