「今日の素敵な一ページの積み重ね」~おしゃれ暦vol.33水無月

おしゃれさんコーディネート
2017.06.10

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第33回目です。いよいよ関東地方も梅雨に突入! 梅雨寒も蒸し暑さも晴れ間の夏日も、おしゃれの力で乗り切れたら。それが「楽ちんなのに素敵」だったら言うことなし! ですよね。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

 

楽な服って何だろう。

おしゃれ着って何だろう。

言葉は、意思疎通をはかるうえで絶対の手段であると同時に、

時に誤解を招くものでもあると思っている。

アナベルでは、その人が楽な気分で着られるものは、

その金額に関わらず、「楽な服」と思って販売している。

その感覚や境界線は、まったくもって人それぞれで、

所持した洋服は、たくさん着ることでその良さや、本質を見ることができる。

そうすることで、1万円するTシャツも、3万円近くするブラウスも、

その人にとっての楽な服になる可能性が十分にある。

変に使い分けるより、そのほうがよほど自然体で、

自分らしさは見つかりやすい。

 

s-IMG_1202

 

5年生と2年生の母でもある妻にとっての楽な服は何だろう?

きっと楽な服かおしゃれ着かは、後付けでいいのでしょう。

 

s-IMG_1197

 

よくするこんなスタイリングは、きっと今の妻にとって楽なスタイル。

 

s-IMG_1192

 

そして楽な服とは、単純に「イージー」という感覚でもないし、

家着のように汚れてもいい服でもないし、オシャレを達観したスタイルでもない。

自分で鏡の前に立って、「よし!」って思えなければ、

気分は上がらないし、外へ出る気にもならない。

それは、「楽なスタイル」とは言えない。

 

s-IMG_1191

 

汗ばむことが増えてきたこの季節、、

Tシャツで歩くことも多いが、半袖なら羽織はまだ必須。

 

s-IMG_1243

s-IMG_1244

s-IMG_1245

 

扱いやすいってことも、楽な服の条件だろう。

小さめのかわいいバッグに何の問題もなく収まって、

夏中使うリネンのボレロは、誰にとっても楽な服になりそうだ。

 

s-IMG_1369

 

そして、Tシャツ一枚になった時、

「このTシャツは1枚で着られるんだよな。」って

思えるものは、多少高くても楽な服になるだろう。

 

「よし!」っていう気分で外に出られたなら、

きっとその日は一日いい気分で楽な気分。

出番が多いと感じるそんな気分の装いは、

値段に関わらず、その人にとっては楽な服。

食をはじめとしたライフスタイルではよく言われる、

「丁寧な暮らし」をファッションに当てはめると、

そういうことになるのだと思う。

 

 

ボレロ:TRAVAIL MANUEL ¥13,000+tax

Tシャツ:FIRMUM ¥8,500+tax

キュロット:ARTEPOVERA ¥15,000+tax

靴:R.U. ¥46,000+tax

帽子:mature ha.(annabelle別注) \19,000+tax

バッグ:MUUN ¥14,800+tax

ブレスレット:yasuhide ono(私物)

ピアス:yasuhide ono(私物)

※「yasuhide ono」絶賛展示期間中! 6月11日まで。

 

 

 

 

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ