汗をかく季節は麻がいちばん。「2&9」のさらっとするくつした

今日のひとしな
2017.06.27

~ 2&9(ニトキュウ)より vol.3 ~

日に日に日差しが強く、夏の空気が濃くなってきました。さらっとした肌触りの麻のものを身につけるのも、夏の楽しみのひとつです。麻は肌に触れると冷たく感じる(接触冷感と言います)、吸水性・発散性に優れた素材。蒸し暑い日本の夏にはぴったりです。

1
太めの糸でざっくり編んだ麻のくつしたも風合いがあって素敵ですが、細めの糸で薄手に編んだ「さらっとするくつした」は、麻特有の光沢もあるので、パンプスやサンダルにあわせて履くとすっきりと、ほどよくフェミニンに仕上がります。また、薄手なのでビジネスソックスとしてもおすすめです。

2
薄手というと頼りないのかな、と思われがちですが、つま先やかかとはやぶれにくいように補強糸を入れ、底は疲れにくいように二重に、かかとは立体的に編んで靴の中でずれにくいように仕立てました。

3
また、隠れた一番のこだわりは、しめつけないこと。汗をかきやすい夏は、ゴムがきついとかゆくなりやすい季節です。肌への負担を弱くできるよう、伸縮性の高い糸は抜いて編み立てました。そうすると斜行しやすい麻の糸を編むのに苦労するのですが、細い糸を2本撚りあわせることで、なんとか解消してもらっています。

麻は汚れが落ちやすく、水を通すごとに強くなる素材でもあります。どんなファッションでもあわせやすいので、どんどん洗って毎日身につけてもらいたいくつしたです。

さらっとするくつしたクルー
1,620円(税抜)

←お店の紹介はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ