一枚でもインナーにも 「プチバトー」のTシャツ

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2017.06.17

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

1893年にフランスでアンダーウェアブランドとして誕生して以来、赤ちゃんから大人まで愛され続けている「PETIT BATEAU(プチバトー)」。某トップメゾンがコレクションのショーでスーツの下に合わせるインナーとして採用していたり、スタイリストさんの愛用率が高かったりと、その着心地や品質のよさは高い評価を得ています。

 今回ご紹介するのは、ヘビロテ確実のシンプルなクルーネックTシャツ。

otona_MG_1087

「プチバトー」Tシャツ各¥2,500

※商品の価格は2017年6月現在のもので、表示は税抜きです。

流行に左右されないベーシックな形と、安心感のある丈の長さは、どんなボトムとも好相性。そして、触れてすぐ「うわ~、ホントふわふわ~」とつぶやいてしまうほどのやわらかさ! 素材などの安全基準が高いベビー服を扱うブランドならではの、肌ざわりへのこだわりを感じます。

otona_MG_1102

着ていることを忘れるくらいの、心地よいフィット感も魅力。

otona_MG_1108

ハイクオリティな素材感を保ちながら2000円台という感激プライスで購入できる秘訣を、PRの方にお伺いしました。

「『プチバトー』は、世界中から状態のいいコットンを選定したあと、自社工場で漂白や染色を施して生地にしている一貫生産体制。すべての工程において目が行き届いているから、高品質がキープできているんです。また、コットンを作る農家や環境にやさしいというエコセール認証も受けています」

ほどよい開きの首元には、洗濯を繰り返してもよれないようパイピング処理が。タグを見ると、“XS / 14ANS”という表記。

otona_MG_1097

「このTシャツは12才から20才までサイズ展開がされていて、この場合は大人用のXSであることを記しています」

子どもの頃から愛用し続け、大人になっても着られるアイテムって、ありそうでない! リピート買いしている人が多い理由は、こういうところにもあるのですね。

無地以外に、ボーダーもスタンバイ。

otona_MG_1089

「プチバトー」赤ボーダーTシャツ¥4,000、カーキボーダーTシャツ¥3,500、ネイビーボーダーTシャツ¥3,200

針抜きで編まれた通気性の高い赤ボーダーは今季の新作。新色のカーキは流行カラーのひとつ。取り入れるだけで旬度がぐっと上がります。フランス語で千の縞を意味する“ミラレ”と名づけられた定番の白×ネイビーは、白パンツと合わせてマリンテイストに着こなすのもいい感じ!

 これから迎える夏は一枚で。そのほかの季節はインナーとしてフル回転してくれる「プチバトー」のTシャツ。複数買いしても、後悔はなさそうです。

プチバトー・カスタマーセンター

TEL 0120-190-770

公式オンラインブティック http://www.petit-bateau.co.jp/shop/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ