三者三様コーデ おしゃれな3人はどう着る? vol.1 【パンツ編】

ナチュリラ
2016.01.06

定番服って、自分に似合うもの、今持っている服と組み合わせやすいものを選ぶの意外と難しいですよね~。そこで今回「ナチュリラ」で人気のおしゃれさん3人に、編集部で用意したパンツ、ニット、ワンピースから、私服とコーディネートしやすいそうなものを選んでもらい、そのポイントを教えてもらいました! その着こなしは、まさに“三者三様”。「自分ならどうコーディネートするかな?」という目で見てみるのも面白いですよ。

 

三者三様コーデ 「パンツ編」

今回登場してくれたのは、この3人。左から翠さん、長田佳子さん、佐藤真帆さん。

15.12.23_IMG_6485 - a

(写真左から)

翠さん:ゆったりシルエットだけれど大人な黒。そこにひかれて選んだパンツ。ボーダーでカジュアル感を出しつつ、赤のパテント靴をキリッと効かせるように。

長田さん:今季はグレーを着たい気分。ワントーンコーデのときは、サスペンダーやマウンテンブーツなど個性的なアイテムでアクセントを。

佐藤さん:近頃いいなと思うパンツは“だぼだぼ系”。全体をこなれた印象にまとめたいから、リラックスしたニットとスニーカーを合わせ、大きめの腕時計で引き締めて。

 

 

さらに、もう1パターンずつ。

まずは翠さん。すっきり細身のパンツにふんわりとしたブラウスを合わせ、斜めがけバッグでボリュームを調整。メキシコテイストのビーズベルトをチラリとのぞかせれば、定番カラーの中のポイントに。

15.12.23_IMG_6366

 

そして長田さん。カジュアルなパンツだからこそ無理なく合わせられる、フェミニンなトップス。足元はほどよく存在感のある「オーロラシューズ」で、パンツの個性派シルエットとバランスをとって。

15.12.23_IMG_6305

 

ラストは佐藤さん。カッチリしたアイテムでまとめた着こなしを、軽やかにくずすのに選んだのはスウェットパンツ。その存在が浮かないよう、トレンチの袖を無造作にまくり、リラックス感をプラスして。

15.12.23_IMG_6757

 

いかがでしたか~? パンツ選びが楽しくなりそうですね!

vol.2では【ニット編】をお届けしますー。

 

『ナチュリラ』vol.31より  photo:中島千絵美 text:福山雅美

Profile

Midori

神奈川県・横浜で焼き菓子店「キミドリ」を営む。シンプルな中にアクセントカラーや柄物を効かせるコーディネートが得意。

長田佳子

Kako Osada

「PLAIN BALERY」のお菓子開発を経て、「foodremedies」として活動。ワードローブは、ほぼモノトーン。Instagramのアカウントは「foodremedies.caco」

佐藤真帆

Maho Sato

人気シューズブランド「ショセ」のプレスを担当後、現在は育児休業中。長身を生かした、大人っぽい辛口カジュアルスタイルが定番。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ