「semoh」 のコート ~レクトホールより~ vol.25

今日のひとしな
2016.02.25

←レクトホールの紹介はこちら


今日はセモーの服をご紹介します。

25_semohのコート_1

25_semohのコート_2
セモーの服は、ふわっとした空気感が魅力です。置いてあるととてもシンプルに見えるのですが、着てみると独特の雰囲気があります。

2012年にメンズブランドとしてスタートしたセモー。このコートは、流れるようなAラインと、上品なツヤが特徴。メンズの定番コートでしたが、今年はレディースも展開しています。

「人が意思表示をしたり、他人を認識する第一線は、交わす言葉と纏った衣服であると考える。様々な“表裏一体”の中で、存在していくための調和とは。日常的に身につける衣服において、在宅時のような開放感と外出時のような緊張感の調和を探したい。」(セモーのコンセプトより抜粋)

なるほど。
だからこんなにストイックな表情と、それでいてリラックスした抜け感が無理なく混じり合っているのですね。


25_semohのコート_3

 


デザイナーの上山浩征さんと知り合ったのは、レクトホールがまだ前身のリムアートだった頃。衣服とアンティーク家具を扱うレクトホールができるという噂を聞いて、訪ねてきてくださいました。

上山さんがデザインした 洋服を拝見して話を伺うと、何か心に引っかかるものが……。
なんだろう。
しばらくして気がつきました。

それは私の大学時代へ。当時、繊維研究会というファッションにまつわるサークルに所属していました。学園祭でファッションショーをしたのですが、その時に表現したかったけど上手く実現出来なかったイメージとかなり近かったのです。

学生時代、何か作れるはず、と思い込んでいました。でもそれは違っていて、理想よりも自分は面倒くさがり屋で実際出来上がるものは凡庸でした。今は作る側ではなくクリエイターの方が作ったものをどう見せるか、お客様へ届けるかというほうが自分に合っていて、やりたいことだと思っています。

セモーは、私にはとても形にできなかったことが具現化されていました。ぜひ微力ながらレクトホールでご紹介させていただきたいと感じたのです。

セモーの服は気持ちを楽にしてくれると思います。流行ということではなく、現代を生きていく気分にぴったりです。


semoh
スプリングコート
Color:grey, navy
¥60,000+tax

コットンシャツ
Color:white
¥17,000+tax

RECTOHALL(レクトホール)

クリーンでジェンダーにとらわれない服、装飾や汚れをそぎ落とし、シンプルで清潔感のある仕上がりを目指したアンティーク家具、個性が光る作家ものの器などを扱うショップ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの廣田佐知子さん。

 

東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 greenhills GF  TEL 03-3716-1202

12:00~19:00 月曜定休  http://rectohall.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ