はじめてのあんよに「モリサキ靴工房」の「ベビーウィングチップシューズ」

今日のひとしな
2017.08.29

~ musubi(むすび)より vol.29 ~

首がすわった、寝返りをうった、ひとりで座った、はいはい、つかまり立ち、ひとり歩き……子どもが成長してゆく様は、傍にいる大人たちに大きな大きな喜びをくれる。とりわけ、はじめてのあんよ、というのは、その子の未来を一瞬垣間みたような、眩しい気持ちになる。

おそるおそる、立ってみる。あ、転んだ。もう一度、やってみる。ねぇ、見て、私、立ってるよ!と、成長することが、出来なかったことが出来るようになることが嬉しいことだと、彼らは何処で知るのだろう。満面の笑みで何度も何度も立ってみせてくれる。そうして幾日か経って、彼らは自分の足で、最初の、はじめての一歩を踏み出す。

29モリサキ靴工房のベビーウィングチップシューズ_01

我が子のはじめてのあんよの時には真っ白な靴を、と思っていた。余分な装飾がなく、足りない機能がなく、履いても脱いでも、いい感じの靴。その小さな靴が置いてある家の玄関先の風景が、温かく優しい空気を持つような、そんな靴。

29モリサキ靴工房のベビーウィングチップシューズ_02

かわいさ優先でもなく、履きやすさ優先でもない靴を、とお願いしたのは「モリサキ靴工房の」森崎さん。履いた時の美しさと心地良さが共存する靴を作る彼女の手によって、可愛くて、履きやすくて、履かせやすい靴が生まれた。

29モリサキ靴工房のベビーウィングチップシューズ_03

子どもの柔らかな足に馴染む柔らかい革と、天然ゴム底を使用、つま先が少し広めの型で、革靴だけれど普段履いているスニーカーのように足に馴染む。足首を包むベルト部分は大きめに開いて足入れしやすく、足首周りの調整がしやすいように内側には長めにマジックテープが取り付けられている。

29モリサキ靴工房のベビーウィングチップシューズ_04

インソールとシューズバッグには、お名前のイニシャルとお誕生日を刻印。ご出産のお祝いや1歳のお誕生日の記念の贈り物として喜ばれている。甲とかかとの部分にはウィングチップのデザインが施され、見た目はいっちょまえ。はじめての一歩を踏み出す彼らの足に良く似合うのだ。

 

←お店の紹介はこちらから

musubi(むすび)

普段の暮らしに、ささやかだけれど美しく、しっかり寄り添ってくれる日用品や雑貨をセレクトしたお店。「今日のひとしな」の執筆は、店主の坂本眞紀さん。

 

東京都国立市富士見台1-8-37
TEL:042-575-0084
営業時間:12:00~18:00
定休日:日、月曜
WEB:http://www.musubiwork.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/musubiwork/
instagram:https://www.instagram.com/musubi_work/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ