「リップル洋品店」岩野久美子さんのワンツーコーデ

ナチュリラ
2017.08.21

今月の「地元のおしゃれさんの わたしの街」桐生編を担当してくれている、「リップル洋品店」の岩野久美子さん。いま発売中の「ナチュリラ」でも、色合わせにこだわった夏のワンツーコーデを披露してくださっていますよ!

 

<コントラスト>

夏らしくキリッとコントラストを効かせた着こなしは、ワンツーコーデならでは。意識したいのは、色のトーン。“鮮やかな色には、鮮やかな色”“くすんだ色には、くすんだ色”と揃えれば、コーディネートもスムーズです。

ki0614
白や生成りの服は、コントラストコーデをつくりやすいアイテム。合わせる服に、こっくり深い色、鮮やかな色、暗い色など、強めのトーンを選べば、それぞれの色のきれいさを引き立て合ってくれますよ。

ki0668
濃い色同士でコントラストをつけるときは、一方をベーシックカラー、もう一方を冒険カラーにすると、組み合わせやすいそう。バッグや靴には白を選んで抜け感を出すと、凛とした大人の着こなしに。

 

<グラデーション>

イメージは、“たくさん並んだ色鉛筆の、隣同士”。そんな気分で組み合わせると、ちょっと難しそうに思えるグラデーションコーデの、ハードルがぐっと下がります。少しだけ違う色同士の組み合わせには、やさしさが漂って。

ki0426
水色とパープルの組み合わせは、2色の“淡さ”を揃えると無理なくなじみます。合わせる帽子も、服と同じくペールトーンのバイカラーのものを選んで、やわらかな印象でまとめました。

ki0517
夏らしいイエロー系のグラデーション。一枚では目立ちすぎてしまいそうな黄色のトップスも、落ち着いたイエローグリーンのスカートと合わせれば、自然に溶け込むスタイルになります。

 

 

→撮影裏話はこちらから

→岩野さんが担当する「地元のおしゃれさんの わたしの街」桐生編はこちらから


「ナチュリラ」vol.38より photo:宮濱祐美子 text:福山雅美

 

リップル洋品店

群馬県桐生市小曾根町4-45
毎月1~7日のみ営業
営業時間:11:00~19:00(期間中の祝祭日は営業)
長男・響くんが営むコーヒー豆の焙煎店「HORIZON LABO」も併設。
https://www.ripple-garden.com/
https://www.horizon-labo.com/

Profile

岩野久美子

生まれ育った群馬県・桐生で「リップル洋品店」を営む。服は草木染めによるもので、一点ずつ色合いが違う。染色はご主人、自身はデザインを担当する。

https://www.ripple-garden.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ