残暑を楽しむ秋色タータンチェック

おしゃれさんコーディネート
2017.08.20

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.11 晩夏の着こなし

みなさんこんにちは。日曜日、いかがお過ごしでしょうか。8月の「おしゃれさんコーディネート」担当の「Ecru et pousse」松村由紀です。

毎朝「今日は何着ようかな?」と考える時は、その日の天気や気温、それに仕事内容によって決めることが多いのですが、休みの日のお出かけや旅行など、いつもの感覚から離れてコーディネートを考える時は いつも以上にワクワクしますよね。

とはいえ、実際は出かける前日にバタバタと準備することになってしまうのですが……。持って行くもの、コーディネートをイラストで描いたりして着ていく服が決まるのは、いつも直前です(笑)。

残暑厳しい毎日ですが、少しずつ秋の装いにシフトしたいような……。今回は、そんなテーマで行きましょう。

11-1
まずは、プチ旅行をイメージして。
まだまだ暑い! それにお天気もコロコロ変わる時季。ブラウスを黒にするか白にするかで迷います。トートバッグは「oshow」の展示会で見つけた、細胞柄!

11-7
当日の朝、日差しがまだまだ強く、残暑が厳しそうなら、ブラウスを白に。すっきりさわやかに見えますね。

11-9
11-8
「R&D.M.Co-」の丸襟ブラウスと、タータンチェックのリネンパンツを選びました。パンツはひざ丈ですが、秋色なので、子供っぽくなりません。

11-10
肌寒くなってきたら ブラウスをインして、ざっくりカーディガンを羽織りたい。

11-2
黒のブラウスにチェンジ。バランス的に、バッグも黒にしたくなりました。印象がガラリと変わりましたね。

11-3
涼しげアイテムだけれど、ダークカラーを取り入れることで、「秋」を意識した着こなしに。

11-4
バッグは軽くて使いやすいものを。こちらも「R&D.M.Co-」。

11-5
ボーイッシュなスタイルなので、ハットも昔の紳士が被っていたようなものをセレクトし、髪もコンパクトにまとめてみました。

11-6
寒くなったらざっくりセーターとタイツを追加して合わせたいな。

・・・・・・・

11-14
次は、街へお出かけのイメージ。タータンチェックのボトムを、ロングスカートへチェンジしてみました。

11-15
大好きだから、まだしばらくは被りたいカンカン帽を選んで、レトロスタイル。

11-16
ブラウスはインして、ギャザーたっぷりのスカートもすっきり。腰の位置が高く見えるので、脚長効果にもなりますね。

11-17
11-18
すまし顔も限界~~。

11-19
古き良き時代の先生みたいな。そんな気分になりました(笑)。はぁーい、みなさんこちらに注目ー。

11-11
ブラウスを黒にしてみました。またまたかなりのイメチェン!

11-12
髪もスッキリ三つ編みヘアーで。

11-13
ブラウスをインしないで着ると、こんな感じに。カジュアルな雰囲気で、これも好きです。

8月も後半戦、残暑を楽しみましょう。今日も良き1日でありますように。では来週お会いしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。

穴見さん
日差しが強い季節には、帽子がかかせませんね。
5月のコラム
「mature ha.」の帽子の取り扱い方を
動画で撮ったとき、
カタカタとフィルムを回しながら撮影する
「LomoKino(ロモキノ)」というカメラも
使ってみました。
そのとき撮れた写真がこちら。

デジタルカメラとは違って、
フィルムカメラは現像してみないと
どんな写真になっているか分からないところが
ワクワクして楽しいです。
一枚一枚大事に撮影できるのも
フィルムカメラの魅力のひとつ。
夏休みも終盤、たくさんの思い出を
写真に収めたいですね。

撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ