秋の始まりを感じる "ミニスターコットンワンピース"

今日のひとしな
2017.09.01

~store room(ストアルーム)より vol.1~

こんにちは。
本日9月1日から1ヶ月間、[今日のひとしな]を担当させていただきます[store room]と申します。店内ではオリジナルブランドの「a piece of Library」と共に、長く付き合えるお洋服や小物、アンティーク家具や雑貨などデイリーユースなアイテムをセレクトしています。一つでも心に響くアイテムがあれば幸いです。どうぞよろしくお願いします。

 

9月、秋の始まりを感じ始める頃、クラシカルなデザインのお洋服が似合う季節です。

s-0901_1

古着にあるスモックシャツのディティールをクラシカルに落とし込んだギャザーたっぷりのワンピース。前中心の釦がアクセントになって全体をきゅっと引き締めてくれるような印象です。

 

s-0901_2

襟ぐりにたっぷりギャザーを施し裾まで流れるシルエットは柔らかな表情を作ってくれます。共布のリボンでブラウジングするとワンピースの表情も変わってメリハリのあるシルエットに。もちろんお手持ちの革ベルトで締めても素敵ですね。

 

s-0901_3

7分丈のお袖は全体のバランスを安定させ抜け感を作ってくれる大切なディティール。もっと寒くなったらインナーにタートルを合わせようかな…グレーやオフ白のカーディガンを合わせるのもいいかな…なんて想像していたら秋の重ね着のお洒落が楽しみになってきました。

 

s-0901_4

生地は80番手の高密度タイプライターを使用。長時間優しく叩き付ける加工を施し通常のタイプライターよりも柔らかく仕上げているのが、緩やかな表情を作ってくれていると思います。

 

クラシカルでどこか懐かしさを感じるディティールは、気取らず自分らしさを生かせるデザインかもしれません。

 

Text:小林

 

「a piece of Library」ミニスターコットンワンピース ¥21.000+tax

 

「a piece of Library」

2006年よりブランドスタート。“着飾るものではなく馴染んでいく心地良さを体感出来る…ラフなスタンダード。外面のみならず内面にも目を向けたものづくり“をコンセプトに、平面よりも生地の肉感や質感、人の体(骨格)の美しさを生かせる立体裁断でのパターンメイキングを主としています。デザインが特化しているというよりも、シルエットや着心地、素材感にこだわって着る人が主役になるような服作りを目指しています。

 

←お店の紹介はこちらから

store room(ストアルーム)
新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1237−1 サンシャイン新飯田屋1階

オリジナルブランド[a piece of Library]のほか、長く付き合える洋服や小物、アンティーク家具や雑貨などデイリーユースなアイテムが揃う。「今日のひとしな」の執筆はデザイナーの小林泰子さんほか、スタッフの皆さんがリレー形式で担当。

 

☏025-378-8377 
営業時間:11:00−19:00 
定休日:月曜日
http://lifewares-web.com/access
https://www.instagram.com/store_room_/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ