ワイドシルエットが美しい ”フランキーデニムパンツ”

今日のひとしな
2017.09.10

~store room(ストアルーム)より vol.10~

 

シルエットが美しく見えるデニム、コーディネートがきれいに見えるデニム…そんな風にイメージしながら今期はワイドシルエットの[フランキーデニムパンツ]を作ってみました。

 

s-9010_1

 

腰周りが美しく見えるように脇線を前寄りに持ってくること、正面から見た時のシルエットがヒップから裾にかけてまっすぐに落ちるきれいなラインが生まれること、後ろ姿がヒップの丸みを消し男っぽい骨格が生まれるように股ぐりの角度に変化をつけること、いろいろな角度から考えて[フランキーデニムパンツ]が生まれました。

 

s-9010_2

 

s-9010_10

 

伝統的な生地を織るための木製シャトルを使った力織機を使いヴィンテージならではの風合いをムラ糸で織り上げ、控えめなあたりを作るために色落ち加減を調節しデニムならではの深いネイビーが残るようにしました。

 

s-0910_4

 

そして、こんな思いを叶えてくれたのは倉敷の工場さん。生地、縫製、仕上げ加工、全て倉敷で生産しています。産地ならではのもの作りへの高い意識と姿勢が納得のいく製品に仕上がっています。

 

ラフに合わせたい時も、上品に着こなしたい時もどちらも対応してくれそうな[フランキーデニムパンツ]。また一つお気に入りが増えました。

 

Text:小林

 

「a piece of Library」フランキーデニムパンツ size1.2 ¥19.000+tax

 

「a piece of Library」

2006年よりブランドスタート。“着飾るものではなく馴染んでいく心地良さを体感出来る…ラフなスタンダード。外面のみならず内面にも目を向けたものづくり“をコンセプトに、平面よりも生地の肉感や質感、人の体(骨格)の美しさを生かせる立体裁断でのパターンメイキングを主としています。デザインが特化しているというよりも、シルエットや着心地、素材感にこだわって着る人が主役になるような服作りを目指しています。

 

←お店の紹介はこちらから

store room(ストアルーム)

オリジナルブランド「a piece of Library」のほか、長く付き合える洋服や小物、アンティーク雑貨など、デイリーユースなアイテムが揃う。「今日のひとしな」の執筆はデザイナーの小林泰子さんほか、スタッフの皆さんがリレー形式で担当。

 

新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1237-1 サンシャイン新飯田屋1階
☏025-378-8377
営業時間:11:00-19:00
定休日:月曜日

http://lifewares-web.com/access
https://www.instagram.com/store_room_/

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ